このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

グリーンプラン・パートナーシップ事業(環境省事業)(農林水産省が執行に協力)

  • 印刷

平成26年度グリーンプラン・パートナーシップ事業の活用による再生可能エネルギーの導入促進について

森林資源等のバイオマス、水や土地などの資源が豊富に存在する農山漁村において再生可能エネルギーの導入を促進することは、低炭素地域づくりにも資するものであり、環境省の平成26年度グリーンプラン・パートナーシップ(GPP)事業について、農林水産省が執行に協力することとしています。

 このため、農山漁村における再生可能エネルギーの導入に関する国の補助金の検討に当たり参考となるよう、GPP事業の想定される活用例を御紹介します。

 GPP事業では、対象事業は「地球温暖化対策地方公共団体実行計画(区域施策編)」に位置づけられている等、地方公共団体の施策推進に資することを要件としていますが、応募要件や支援対象等の詳細につきましては、GPP事業の公募要領等を御参照ください。

 第3回目の公募〆切:平成26年9月25日(木曜日)

 

想定される活用例

  • 付加価値を求める実需者のニーズに応じ、地域の再生可能エネルギーや地域の企業の技術力を活用して、CO2排出削減に資する生産方式等により農林水産物やこれを活用した食品・製品の製造・販売等を行おうとする取組。<イメージ図1>(PDF:243KB)

お問い合わせ先

食料産業局バイオマス循環資源課再生可能エネルギー室
担当者:調整チーム
代表:03-3502-8111(内線4341)
ダイヤルイン:03-6744-1508
FAX:03-3502-8285

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader