このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

感動してもらえる魚を消費者へ!鮮度維持にこだわった海の6次産業化

株式会社鹿渡島定置

所在地:石川県七尾市
代表者:代表取締役  酒井  秀信
取組内容(特徴):鮮度維持の先進技術を活用して、消費者等に魚を直接販売。干物等の加工にも取り組む。
売上高:1億2,200万円(H28)
雇用者数:16名(H28)(パート含む)
URL:http://www.nanaonet.jp./~kadoshimateichi/(外部リンク)


普段の定置網漁の様子


(株)鹿渡島定置の皆さん

総合化事業計画の認定

平成25年5月

 

取り組むに至った経緯

  • 年々進む漁価の低迷という問題を解決するため、「神経締め」等の鮮度維持に関する先進技術を導入し、付加価値向上と販路拡大の取組を推進している。
  • 平成23年に、獲った魚を自ら加工・販売する6次産業化を企画し、取組を開始した。その翌年には加工施設と販売施設を兼ねた「魚工房  旬」を開設し、取組を一層拡大した。

 

取組の効果

  • 売上高:1億2,000万円(H24)→1億2,200万円(H28)
  • 雇用者数(パート含む):16名(H24)→16名(H28)
  • 若手新規就業者の定着:社員の平均年齢は35歳。地元女性との結婚も多く、若者の地域への定住化にも大きく寄与。

 

事業体制図

お問合せ先

食料産業局産業連携課

担当者:企画班
代表:03-3502-8111(内線4306)
ダイヤルイン:03-3502-8246
FAX番号:03-6744-7175