このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食品等の流通の合理化及び取引の適正化について

「食品等の流通の合理化及び取引の適正化に関する法律」では、食品等の流通が農林漁業者と一般消費者とをつなぐ重要な役割を果たしていることに鑑み、食品等の流通の合理化を図るため、農林水産大臣による基本方針の策定及び食品等流通合理化計画の認定、その実施に必要な支援措置その他の措置を講ずるとともに、食品等の取引の適正化を図るために、農林水産大臣による調査の実施その他の措置を講じ、もって農林漁業及び食品流通業の成長発展並びに一般消費者の利益の増進を図っています。

関係法令等

食品等流通合理化計画の認定

 食品等の流通の合理化を図るため、以下の様式第1号により食品等流通合理化計画を作成し、農林水産大臣の認定を受けることで、融資、債務保証等の支援を受けることができます。また、認定を受けた食品等流通合理化計画は様式第3号により毎年度実施状況の報告が必要となり、食品等流通合理化計画は様式第2号により変更申請が必要となります。

食品等流通合理化計画に係る認定申請書(様式第1号)(WORD : 132KB)

食品等流通合理化計画の変更に係る認定申請書(様式第2号)(WORD : 88KB)

食品等流通合理化事業の実施状況報告書(様式第3号)(WORD : 97KB)

食品等流通合理化計画の申請窓口

(※)事務所所在地と整備事業地が異なる事業、全国団体が実施する事業等

融資制度

株式会社日本政策金融公庫では、食品等流通合理化計画に従って事業を実施するために必要な資金等への融資を行っています。詳しくは下記をご参照ください。

食品流通改善資金(食品生産製造提携型)[外部リンク]

食品製造業者と農林漁業者が提携して行う事業に必要な設備資金、食品製造業者による農地所有適格法人への出資金などが対象の融資です。

食品流通改善資金(食品生産販売提携型)[外部リンク]

食品販売業者と農林漁業者が提携して行う、産地から小売段階までの生鮮食品等に係る施設整備に必要な設備資金などが対象の融資です。

食品流通改善資金(卸売市場施設)[外部リンク]

卸売市場の開設者、卸売業者、仲卸業者等が行う施設整備に必要な設備資金などが対象の融資です。

債務保証事業

 公益財団法人食品等流通合理化促進機構は、食品等流通合理化計画に従って事業を実施するために必要な資金の借入に対して債務保証を行っています。詳しくは下記をご参照ください。
債務保証事業の概要(PDF : 129KB)

公益財団法人食品等流通合理化促進機構における債務保証事業紹介のページ[外部リンク]

緊急対策事業(設備・機器のリース等)

 公益財団法人食品等流通合理化促進機構は、食品等流通合理化計画に従って事業の実施に必要な設備・機器のリース等への支援を行っています。詳しくは下記をご参照ください。
緊急対策事業の概要(PDF : 148KB)

公益財団法人食品等流通合理化促進機構における緊急対策事業紹介のページ[外部リンク]

スタンドバイ・クレジット制度

日本政策金融公庫では、食品等流通合理化計画に従って海外において事業を実施するために必要な長期の資金の借入れにに対して債務保証を行っています。詳しくは下記をご参照ください。
株式会社日本政策金融公庫におけるスタンドバイ・クレジット紹介のページ[外部リンク]

株式会社農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)の出資等の支援

株式会社農林漁業成長産業化支援機構では、食品等流通合理化計画に従って事業を実施するために必要な出資等の支援を受けることが出来ます。詳しくは下記をご参照ください。
株式会社農林漁業成長産業化支援機構食品等流通合理化事業等支援基準(PDF : 127KB)

株式会社農林漁業成長産業化支援機構食品等流通合理化事業等支援基準ガイドライン(PDF : 97KB)

その他の支援

食品貸付[外部リンク]

食品関係の小売業・製造小売業または花き小売業を営む方で、店舗の新築・増改築、機械設備の導入、フランチャイズチェーンへの加盟などが対象の融資です。

関連リンク

 公益財団法人食品等流通合理化促進機構[外部リンク]

食品等流通調査

食品等の取引の適正化を図るため、食品等の取引の状況その他食品等の流通に関する調査(食品等流通調査)を行います。詳しくは下記をご覧ください。
食品等の流通の合理化及び取引の適正化に関する法律に基づく「食品等流通調査」について

お問合せ先

食料産業局食品流通課

担当者:流通構造改善班
代表:03-3502-8111(内線4323)
ダイヤルイン:03-3502-7659
FAX番号:03-3502-0614

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader