このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

宅配・予約販売方式による香港への国産農産物等の輸出モデルについて

1  経緯

農林水産物の輸出1兆円目標の達成に向け、日本の農林水産物を新鮮で高品質な状態で迅速かつ低コストで海外の消費者に届ける仕組みが求められているところです。

このため、農林水産省としては、

(1)特に市場規模の拡大が見込まれるアジアにおいて、輸出環境が有利かつ物流ネットワークが整備されている香港を対象と想定し、

(2)旬で高品質な食品を新鮮さという強みを失うことなく、まとめて輸送することで、より低コスト化できる可能性がある頒布会宅配方式による国産農林水産物の輸出モデルの検討

を昨年10月から行ってまいりました。(別紙:検討資料)(PDF:1,193KB)

具体的には、(ア)香港で日系最大の小売販売網とカード会員を有するイオングループ、(イ)全国各地から農産物等の調達能力を有する全国農協食品株式会社、(ウ)沖縄国際物流ハブを活用し、日本から香港の消費者に翌日宅配可能な物流ネットワークを構築したヤマト運輸株式会社・株式会社ANA Cargoの参画を得て検討を進めてきた結果、今般、まず、宅配予約販売方式での事業化が決定しました。

今後の展開としては、4社は、予約販売だけでなく定期的定量的販売が可能となる頒布会方式に拡大することを視野に入れており、農林水産省としても、この取組を新たな事業モデル事例として紹介し、輸出の取組の横展開を図っていきたいと考えています。

2  取組の概要

4社によれば各社の分担は以下を基本とし、8月13日からWEBサイトでの予約を開始し、順次注文に応じて旬の時期に香港の消費者に宅配するとのことです。

イオンダイレクト株式会社 

・WEBサイトの構築とそれを通じた販売

・現地法人のイオン香港と協業でのPR及び販売促進

・国産農産物の安全性についての現地でのPR(農林水産省と連携)

全国農協食品株式会社

・国産米及び生鮮果物等の調達

ヤマト運輸株式会社

・国内産地から近隣地方空港までの陸送及び国際クール宅急便による香港市内の消費者への宅配(翌日配送可能)

株式会社ANA Cargo

・沖縄国際物流ハブを活用した全国の各地の空港から香港までの空輸

事業のスキーム

3  対象商品等

(1)果物

北海道産メロン、山形県産白桃・メロン・りんご、青森県産りんご、長野県産りんご、山梨県産ブドウ、奈良県産柿、鳥取県産梨、岡山県産ブドウ、福岡県産梨等

(2)米

鹿児島県産こしひかり、長崎県つや姫、新潟県産こしひかり[朱鷺と暮らす郷]、兵庫県産こしひかり[コウノトリ育むお米]、秋田県産あきたこまち等

(3)その他

香港でニーズの高い乾燥なまこやアワビ等の日本食材を春節前に展開する予定とのこと

(別紙参考資料:対象商品)(PDF:325KB)

4  Food Expo 2015 香港(8月13~17日)での販売促進

4社は、本取組の周知を図るため、販売対象となる果物の試食を行うとともに、チラシ、パンフレットを香港の来場者(消費者)に配布し、加入促進につなげるとのこと。

併せて、農林水産省において、日本の農産物等の安全性及び輸出促進についてPRを行います。

お問い合わせ先

食料産業局食品流通課
担当者:食品サービス第1班
代表:03-3502-8111(内線4150)
ダイヤルイン:03-3502-8267
FAX:03-3502-0614