ホーム > 組織・政策 > 食料産業 > 農山漁村の6次産業化 > 六次産業化・地産地消法に基づく事業計画の認定について > 認定事業計画の例


ここから本文です。

認定事業計画の例

北海道

ほうれんそう、トマト、とうもろこし、枝豆を利用したスコーンを開発・生産し、直売所等で販売

山形県

米沢牛の未利用の内臓系を使用した肉まん、肉団子、冷凍食品を開発・販売

新潟県

四季なりイチゴと雪下ニンジンを利用したドライフルーツやジュース等の加工食品を商品開発・生産

長野県

未活用資源である規格外の鶏卵と鶏肉を加工した新商品(マヨネーズ、たまご焼き、味付け肉等)を開発・製造

三重県

切餅・丸餅(伊勢茶等を配合)の商品開発・販売を行い、経営の多角化や高度化により農業経営を改善

京都府

九条ねぎの売り上げ拡大と安定販売のため、九条ねぎオイルやプチカット葱を新商品として開発・販売

島根県

西条柿の傷果・日焼け果を用いたカット干し柿、梅入り巻き柿、アイスシャーベットを製造・販売

長崎県

煮干しいりこをパウダー等に加工し、米にいりこパウダーをコーティングしたいりこ米、いりこドレッシング等の商品を製造・販売

沖縄県

マンゴージュース、マンゴージャムを生産するほか、ブーゲンビレア、ハイビスカスを利用したプリザーブドフラワーを商品開発・販売

お問い合わせ先

食料産業局産業連携課
担当者:六次産業化戦略室
代表:03-3502-8111(内線4306)
ダイヤルイン:03-3502-8246
FAX:03-6738-6474

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図