このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

産業連携ネットワーク交流会(26年度)の概要

  • 印刷

多様な産業分野の会員の連携・交流を促進するため、特定のテーマに関心を有する会員が集い意見交換等を行う交流会等の26年度の開催概要です。

開催概要

 

産業連携ネットワーク交流会(農観連携)

1.日時:平成26年度6月19日14時00分~16時40分

2.場所:農林水産省共用第10会議室

3.テーマ:農観連携による農山漁村の活性化について

4.資料:議事次第参加者名簿(PDF:111KB)農村振興局資料(PDF:531KB)JTB総合研究所資料(PDF:1,346KB)フードバレーとかち推進協議会資料1(PDF:1,179KB)資料2(PDF:1,367KB)

                雪国観光圏資料1(PDF:1,804KB)資料2(PDF:1,369KB)資料3(PDF:1,390KB)資料4(PDF:1,318KB)遠野山・里・暮らしネットワーク資料(PDF:1,605KB)

                農林漁業成長産業化支援機構資料(PDF:1,997KB)

5.関連先リンク:農観連携の取組

【内容】

我が国の貴重な観光資源である農山漁村の魅力と近年多様化する観光需要を結びつけるため、今年1月に農林水産省と観光庁が連携推進協定を締結しました。農山漁村では農林漁業者と観光事業者等の連携による6次産業化が進展しつつある中、旅行者が地域ならではの魅力を楽しめるような取組みの促進が求められています。
本交流会は、農観連携を推進する上での課題を検証し、先進事例から課題解決の糸口を探り、ノウハウの共有を図ることを目的に開催します。

 

医福食農連携シンポジウム

1.日時:平成26年9月2日14時30分~17時00分 

2.場所:農林水産省講堂

3.テーマ:医福食農連携

4.資料:医福食農連携のページに掲載しています。

【内容】

 医福食農連携の実践事例を関係者で共有するとともに、パネルディスカッションでの議論を通じて、地域において具体的取組を進める上での課題解決のノウハウの共有等を図ることを目的として、異業種連携に取り組む事業者、厚生労働省、経済産業省の協力を得て「医福食農連携シンポジウム」を開催します。

 

6次産業化サミット

1.日時:平成27年3月20日12時30分~16時00分 

2.場所:農林水産省講堂

3.テーマ:農山漁村の価値を生かし、輝かせるために

4.資料:プログラム野村アグリプランニング&アドバイザリー資料(PDF:1,878KB)池田牧場資料1(PDF:1,908KB)資料2(PDF:1,722KB)まちづくり宗像資料(PDF:1,570KB)島根県浜田市資料(PDF:1,131KB)農林漁業成長産業化支援機構資料(PDF:1,234KB)

【内容】

農山漁村の活性化、地方創生を図っていくためには、農林水産物等の地域資源の付加価値を高める6次産業化の取組を進め、農林漁業者の所得の向上及び農山漁村における雇用機会の創出につなげていくことが重要です。
こうした取組を全国に拡大させるため、「農山漁村の価値を生かし、輝かせるために」をテーマとして、6次産業化の実践者等による基調講演及びパネルディスカッションを行う「6次産業化サミット」を開催します。

また、当日は、会場内に六次産業化・地産地消法の認定事業者が開発した6次産業化商品の事例をパネルで掲示します。

 

 

お問い合わせ先

食料産業局産業連携課
担当者:産業連携ネットワーク事務局
代表:03-3502-8111(内線4306)
ダイヤルイン:03-3502-8246

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader