このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食品製造業等の生産性向上

近年、食品製造業の人手不足・人材不足の問題が深刻化しており、生産性の向上が急務となっています。
しかしながら、どのように生産性を向上させ、またそのための課題にどのように取り組むかを各企業が独力で見つけ出すのは非常に難しい状況です。
農林水産省では、ロボット、AI(人工知能)、IoT等の先端技術の導入支援や、その技術の橋渡し役となるシステムインテグレーター(SIer)との接点づくりの促進を図ることにより、食品産業におけるイノベーションを創出し、食品産業の生産性向上を推進します。
生産性向上の具体的な取組に向けた一歩を踏み出すきっかけに、ぜひご活用ください。

食品産業イノベーション推進事業

食品製造業等の生産現場の効率化や自動化による生産性向上の取組を支援します。

  1. 生産コスト低減、経営管理能力向上のためのロボット、AI、IoT等の活用による生産性向上など、革新的で新規性のある技術の活用実証を支援
  2. 専門家の工場診断や改善指導による生産性向上などを通して、業務の最適化や人材育成を図る取組を支援

詳しくはこちら
   食品製造業支援策ガイド


令和2年度

予算関係

令和2年度食品産業イノベーション推進事業予算概算要求の概要(PDF : 346KB) NEWアイコン

令和元年度

実施要綱等

 

事業実施状況

  • 事業実施主体  株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)
       H31食品産業イノベーション推進事業  事務局  寺脇
       電  話:080-3258-0854
       Email:31koubo_jmac@jmac.co.jp

公募期間  令和元年5月24日(土曜日)~7月12日(金曜日)(終了)

  詳細はこちら

  【公募案内】令和元年度(平成31年度)食品産業イノベーション推進事業公募のご案内(外部リンク)


平成30年度

実施要綱等

事業実施状況

食品製造業の生産性向上事例集

食品製造業界の中でも先進的な取組を中心に、大きな投資を伴わない低コストかつすぐに取り組める改善まで幅広く掲載した事例集を作成しました。

作成者:株式会社日本能率協会コンサルティング(平成30年度食品産業イノベーション推進事業実施主体)

食品製造業の生産性向上事例集

食品製造業の生産性向上事例集(PDF : 9,223KB)
分割版1(PDF : 1,751KB)分割版2(PDF : 555KB)分割版3(PDF : 1,196KB)
分割版4(PDF : 1,107KB)分割版5(PDF : 1,016KB)分割版6(PDF : 1,800KB)

食品産業生産性向上のための基礎知識

農林水産省では、平成30年3月から12月にかけて、全国各地で食品製造業の生産性向上に関する専門家の講演、生産性向上の取組事例紹介、生産性向上支援事業者(メーカー等)のプレゼンテーションや、講演者や支援事業者との交流等を内容とした「食品産業生産性向上フォーラム」を開催しました。フォーラム(全9回)の講演内容をもとに「食品産業生産性向上のための基礎知識」を作成しました。

食品産業生産性向上のための基礎知識

食品産業生産性向上のための基礎知識(PDF : 1,789KB)

お問合せ先

食料産業局食品製造課

代表:03-3502-8111(内線4111)
ダイヤルイン:03-6744-0480
FAX番号:03-3502-5336

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader