このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

証券監督者国際機構(IOSCO)による「商品デリバティブ市場価格への倉庫及び受渡施設の影響に関する報告書」の公表について

更新日:平成28年5月17日
担当:食料産業局

平成28年5月9日、証券監督者国際機構(IOSCO) は、規制された取引所での現物受渡のある商品デリバティブの価格形成プロセスについて調査し、その結果を「商品デリバティブ市場価格への倉庫及び受渡施設の影響に関する報告書」として公表しました。

概要

本報告書では、IOSCOの「商品デリバティブ市場の規制及び監督に関する原則※」は、倉庫施設の効果的な監視、業務管理等に係る適切な枠組みを提供しているとした一方で、倉庫施設を巡り潜在的にデリバティブ価格や取引に影響し得る等慣行があることが明らかとなったことから、今後、IOSCOとして、それらに対処するための倉庫施設の運営・監視に係る優良事例ガイダンスの策定に取り組んで行くことが報告されています。

 

詳細は以下をご覧ください。

 

平成23年9月、IOSCOが策定した商品デリバティブ市場の規制・監督の改善及び透明性の向上を図るための商品設計、市場監視、法執行・情報交換等に係る原則(基準)

 

お問合せ先

食料産業局食品流通課商品取引室
代表:03-3502-8111(内線4174)
ダイヤルイン:03-3502-2126