ホーム > 組織・政策 > 政策統括官 > 米(稲)・麦・大豆 > 米穀の出荷又は販売の事業者の皆様へ > お知らせ


ここから本文です。

お知らせ

米穀取扱事業者は、「登録制」から「届出制」へ

「主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律等の一部を改正する法律」(平成15年法律第103号)が平成15年7月4日に公布され、平成16年4月1日に施行されました。

この法改正により、従来の計画流通制度(業者登録制度)が廃止され、平常時においては米の流通関係者の主体性を重視する観点から、流通の統制を行わないこととなりました。

ただし、米不足等の緊急時に的確に対応する必要があるため、平常時から流通業者の確実な把握等により、政府備蓄米の売却先を確保するとともに、緊急時において適切な命令が発動できるよう、米穀の出荷又は販売の事業を行おうとする者に主たる事務所等を届出させることとなりました。

業者届出制度の概要

 経過措置

 届出手続き

「主たる事務所の所在地」を管轄する農政局等に提出

解説文

お問い合わせ先

生産局農産部貿易業務課 
代表:03-3502-8111(内線4231)
ダイヤルイン:03-6744-2077

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図