ホーム > 組織・政策 > 研究会等 > 「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会


ここから本文です。

「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会

平成19年10月2日に第1回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、当該検討会の開催の趣旨と米をめぐる現状について説明がありました。

 

平成19年10月19日に第2回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、国際食料需給をめぐる状況について専門家に対するヒアリング及び意見交換が行われました。

 

平成19年11月6日に第3回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、米の生産調整について意見交換が行われました。

 

平成19年11月21日に第4回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、米粉利用の現状について専門家に対するヒアリング及び意見交換が行われました。

  

平成19年12月14日に第5回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、稲及び米の家畜飼料としての生産・利用の現状について専門家に対するヒアリング及び意見交換が行われました。

 

平成20年1月22日に第6回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、稲及び米のバイオエタノール利用の現状及び米の輸出の現状について専門家に対するヒアリング及び意見交換が行われました。

 

平成20年2月1日に第7回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、先進的な米経営について、ヒアリング及び意見交換が行われました。

 

平成20年2月15日に第8回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、先進的な米経営について、ヒアリング及び意見交換が行われました。

 

第7回及び第8回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会において発表されました先進的な米経営の事例について、概要を取りまとめましたので掲載します。

 

平成20年3月7日に第9回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、生産コスト縮減のための取組(品種開発、低コスト栽培技術等)について、ヒアリング及び意見交換が行われました。

 

平成20年4月11日に第10回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、生産コスト縮減のための取組(機械、肥料、農薬等)について、ヒアリング及び意見交換が行われました。

 

平成20年4月25日に第11回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、生産コスト縮減のための取組(賃貸料等)について、説明及び意見交換が行われました。

 

平成20年5月16日に第12回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、米の取引価格について、ヒアリング及び意見交換が行われました。

 

平成20年6月13日に第13回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、これまでの議論の概要について、説明及び意見交換が行われました。

 

平成20年6月27日に第14回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、中間論点整理及び意見交換が行われました。

 

平成20年6月27日に開催された第14回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会の議論が行われました「中間論点整理」(案)につきまして、座長との協議・調整を踏まえ、別添のとおり「中間論点整理」として取りまとめました。

 

平成20年7月25日に第15回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、生産調整に関するヒアリング及び意見交換が行われました。

 

平成20年9月2日に第16回「販売」を軸とした米システムのあり方に関する検討会が開催され、平成21年度米関連政策概算要求及び金融・税制要望の概要の説明等が行われました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図