このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

第9回 公共サービス改革法に基づく民間委託統計調査に関する技術検討会 議事要旨

  • 印刷

1. 日時及び場所

平成26年2月10日(月曜日)10時25分~11時50分
農林水産省 統計部 第1会議室

2. 出席者

(委員)椿広計座長、助川正文委員、安倍澄子委員
(事務局)統計部統計企画管理官、経営・構造統計課、生産流通消費統計課

3. 議題

(1) 農業物価統計調査2期の実施状況(案)について
    (平成24年調査及び平成25年調査分)

(2) 内水面漁業生産統計調査の実施状況の結果について

4. 議事及び要旨

事務局から農業物価統計調査の実施状況(案)について説明し、質疑を経た後、実施状況(案)について了解を得た。
また、平成25年12月17日に内閣府官民競争入札等監理委員会にて評価を受けた内水面漁業生産統計調査の実施状況について、評価までの経緯、評価結果を報告した。

(1) 農業物価統計調査の実施状況(案)について

○民間事業者が、本事業で得た個人情報の取扱いはどのようになっているのか。
→実施要項において、事業終了後に完全に廃棄、消去等を行うこと及び業者が変更となった場合は、次の民間事業者に事業の実施に必要な情報を引き継ぐことを規定している。

○データベースを作成し情報の共有化を図ったこと、調査員に対する個人情報保護や接遇の研修を行うなど、民間らしい創意工夫が見られ、回収率100%の達成や疑義照会件数の減少など全体的に本業務は良好な結果といえるのではないか。

 

(2) 内水面漁業生産統計調査の実施状況の結果について

○確保されるべき質にある回収率100%は達成できなかったが、これは廃業、調査拒否となったもので、民間事業者に責があるものではない。
   このことから、100%達成と言えるのではないか。

○競争性の確保については、回収率100%の部分で民間事業者に負荷を掛けているというより、公的統計で100%維持できているというところをPRしてはどうか。

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader