このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「食」に関する将来ビジョン検討本部

  • 印刷

「食」は我が国の成長の基盤ともいうべき最重要テーマの一つですが、「食」を支える農業・農村を巡る情勢は、高齢化・過疎化の進行、所得の減少等、非常に厳しい状況にあり、食料自給率も低迷しています。こうした課題の解決のためには、従来の農政の枠組みを超え、政府としての取組を一体的・総合的に展開する必要があります。

「新成長戦略(基本方針)」(平成21年12月30日閣議決定)においても、「安全・安心・健康で豊かな食生活を守るための方策やそれを支える農山漁村のあり方について広く横断的に検討する場を設け、『食』に関する将来ビジョンを早急に策定する」こととされており、これを受けて、このたび、農林水産省に「「食」に関する将来ビジョン検討本部」を設置し、「食」と「地域」の再生に関する施策の充実をはじめ、「食」の基盤強化に向けた推進体制を構築することとします。

新着情報New

「食」に関する将来ビジョン(平成22年12月21日決定)

開催実績

概要

本部は、農林水産大臣を本部長とし、全府省の大臣政務官及び消費者、生産者、産業界等、各界の有識者で構成します。

 

検討本部メンバー

取組状況

 

 

お問い合わせ先

大臣官房政策課食ビジョン推進室
担当者:小谷、山根
代表:03-3502-8111(内線3104)
ダイヤルイン:03-6738-6120
FAX:03-3508-4080

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader