ホーム > ご意見・お問い合わせ > 調達情報・公表事項 > 補助事業参加者の公募 > 平成26年度「農林水産業におけるロボット技術開発実証事業(研究開発)」に係る公募について


ここから本文です。

平成26年度「農林水産業におけるロボット技術開発実証事業(研究開発)」に係る公募について

農林水産省農林水産技術会議事務局では、平成26年度第1次補正予算で措置された「農林水産業におけるロボット技術開発実証事業(研究開発)」について、研究課題を公募を行います。本事業への応募を希望する研究機関等におかれましては、下記に従って研究計画書を提出して下さい。
なお、本公募は、平成26年度第1次補正予算の予算成立までの過程で内容等に変更があり得ることをあらかじめご承知おき下さい。

1 事業概要

(1)事業内容

農林水産業・食品産業の現場にとって使いやすいロボット技術開発等を支援し、民間企業による商品化を図り、実用化・量産化を促進させることが課題となっています。
このため、本事業では、農林水産業・産業界の技術開発ニーズ等に基づき、ロボット技術の農林水産業・食品産業現場への適用に向けたロボット開発を支援することで、ロボット技術の導入拡大を目指します。

 

(2)公募する研究課題

農林水産業・食品産業現場への適用に向けたロボット開発を支援するために「社会的な状況の変化や技術ニーズ」に対応するものとし、具体的には、別紙1及び別紙2(PDF:92KB)を参考とした研究計画を募集します。

 

(3)事業実施期間

交付決定日から平成27年3月31日までとします。

 

(4)研究課題の規模

ロボットの研究開発の補助額については、以下の規模とする。

ア 別紙1 3課題合計…………350,000千円以内

イ 別紙2 1課題当たり原則  …100,000千円以内

なお、同じ応募者から複数の課題(異なる要素技術)を提案することは妨げません。
※応募のあった金額については、予算及び補助対象経費等の精査により減額することがありますので、御承知置き下さい。

 

2 応募について

(1)資格要件

応募者(単独で応募した場合はその研究機関、研究グループとして応募する場合は研究代表機関)は、次の [1]~[3]の要件を満たす必要があります。

[1] 民間企業、大学、技術研究組合、一般社団法人、一般財団法人、独立行政法人、地方公共団体、NPO法人又は協同組合等の法人格を有する研究機関等(※)であること。
※研究機関等とは、法人格を有する者であって、以下の2つの条件を満たす機関を指します。
ア 研究開発を行うための研究体制、研究員等を有すること。
イ 知的財産等に係る事務管理等を行う能力・体制を有すること。

[2] 原則として、日本国内の研究開発拠点において研究を実施すること。

[3] 応募者は、研究の企画・立案及び進行管理を行う能力・体制を有するとともに、研究代表者及び経理責任者を設置していること。

なお、本事業における詳細な応募条件については、公募要領をご覧下さい。

 

(2)応募方法

応募機関又は研究グループ代表機関は、e-Radは、平成27年1月30日(金曜日)
17時00分まで、郵送の場合は、1月30日(金曜日)18時00分まで必着にて提出して下さい。
FAX及びメールによる提出は受け付けません。
なお、e-Radを利用した応募を行う際、あらかじめ研究機関及び研究情報の登録手続が必要です。
登録手続きには日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕を持って登録手続きをしてください。なお、e-Radを利用した電子申請については、公募要領別紙1 e-Rad(PDF:1,445KB)を御覧下さい。

※公募要領及び提案書は、以下のとおり。

 

3 説明会の開催

公募に係る内容、交付手続、研究計画書類等について、他の事業と併せて説明会を実施します。説明会への出席は、義務ではありません。
説明会開催地、日程、参加方法等については、別紙3「平成27年度競争的資金制度等の説明会日程」(PDF:695KB)を御覧下さい。なお、詳細は、公募要領に記載しています各会場の主催者にお問合せ下さい。

 

4 今後のスケジュール

平成27年 1月 9日(金曜日)    公募開始(公示)
                   1月中旬~                公募説明会(全国10カ所)
                   1月30日(金曜日)   応募受付締切
                   2月上旬予定            応募のあった研究計画の審査(面接)
                   2月中旬予定            採択予定機関の決定・公表
                   2月中旬予定            事業計画の承認、補助金交付申請、交付決定
                   2月下旬予定            事業(研究開発)の着手

 

5 問合わせ先

本件に関するお問合せは、応募の締切りまでの間、下記において受け付けます。
なお、審査経過、他の提案者に関する事項、応募に当たり特定の者にのみ有利となる事項等にはお答えできません。
また、これら以外のお問合せについては、質問者が特定される情報等を伏せた上で、質問及び回答の内容を技術会議事務局のホームペー ジにて公開させていただきますので、御了承下さい。

【公募全般について】

農林水産技術会議事務局 研究推進課(産学連携企画班)
担当者:田熊、香川、原田、雪野
E-mail:maff_sangakurenkei@nm.maff.go.jp
TEL:03-3502-5530
FAX:03-3593-2209 

 

【生産現場強化のための研究開発(農業・農村)研究戦略に基づく研究開発の内容】

農林水産省 農林水産技術会議事務局
研究統括官(食料戦略・除染)室
以下の[1]、[2]については田中、[3]については細田
[1]中山間地対応除草ロボットの高度化
[2]アシストスーツ用途拡大・高度化
[3]畜産の自動搾乳・給餌システム高度化
TEL:03-3502-2549
FAX:03-3502-4028

 

【経理事務について】

農林水産技術会議事務局 総務課(契約班)
担当者:遊佐(ユサ)
TEL:03-3502-7967
FAX:03-5511-8622

 

【e-Rad について】

e-Rad ヘルプデスク(http://www.e-rad.go.jp/contact/index.html)
TEL:0120-066-877 又は 03-3455-8920
受付時間 9時00分~18時00分(土、日、祝日を除く)

 

以上公示する。

平成27年1月9日

 

支出負担行為担当官
農林水産技術会議事務局長

雨宮  宏司

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図