このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成31年度海外技術協力促進検討事業(かんがい排水システム高度化技術適用調査)の公募について

農林水産省では、平成31年度海外技術協力促進検討事業(かんがい排水システム高度化技術適用調査)に対する補助を実施します。
当該補助を希望される場合は、下記に従い御応募ください。
なお、本公募は、平成31年度予算により実施する事業に係るものですが、予算の成立後速やかに当該事業を実施するため、予算の成立前に行っているものです。このため、成立した予算の内容に応じて、事業内容等の変更が有り得ることに御留意ください。

 記

1 事業の目的

本事業は、アジア諸国における既存のかんがい排水システム(水管理、施設、維持管理体制等)について、我が国の技術を活用して高度化を図ることで、当該国のニーズへの対応と課題の解決を目指すものであるとともに、持続可能な開発目標(SDGs)へのコミット、さらには我が国の技術の海外展開を促進することを目的とします。

2 事業内容

本事業は、アジア諸国において、農業用水の効率的利用や自然災害への対応を見据えたかんがい排水システムの高度化を図るため、調査対象国の状況やニーズに対応した本邦技術について、モデル地区において導入実証調査を行い、それらの技術の海外展開を促進するため、「技術適用・運用ガイドライン」をとりまとめ、事業成果を活用した取組を継続展開させるための提案を行うものです。

3 応募資格及び応募方法

農林水産省のホームページに掲載する

を参照してください。

4 公募の期間

公募の期間は、平成31年2月4日(月曜日)から平成31年2月25日(月曜日)までとします。

5 補助金等交付候補者の選定方法

  • (1) 農林水産省農村振興局整備部が実施する民間団体向け補助金等について、補助金等交付候補者の選定に係る審議をするため農村振興局長が設置する農村振興局整備部関係補助金等交付先選定審査委員会(以下「選定審査委員会」という。)において、審査基準に基づき、提出された課題提案書等を審査の上、選定します。
  • (2) 課題提案書等の内容を選定審査委員会に対して説明する機会を設けないため、提出された課題提案書等のみをもって審査し、選定します。
  • (3) 補助金等交付候補者は1団体を予定しています。
    ただし、提出された課題提案書等を審査し、補助事業遂行能力が備わっていると判断できない場合又は応募者が1団体であった場合には、補助金等交付候補者を選定しないこととなるので、あらかじめ御了承願います。

6 課題提案書の提出方法、提出期限及び提出先

提出方法

持参又は郵送によるものとします。

提出期限

平成31年2月25日(月曜日)午後6時15分までとします。
(郵送の場合は、上記期限までに提出先必着とします。)

提出先

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省農村振興局整備部設計課海外土地改良技術室海外技術班(本館5階ドア番号:本501)

7 課題提案書等の無効

平成31年度海外技術協力促進検討事業(かんがい排水システム高度化技術適用調査)に係る公募要領(以下「公募要領」という。)の第3に示した応募資格を満たさない団体の課題提案書等は、無効とします。

8 照会・公募要領等の交付窓口

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省農村振興局整備部設計課海外土地改良技術室海外技術班(本館5階ドア番号:本501)

TEL:03-3502-8111(代表)
FAX:03-5511-8251

【担当者】

  • 課長補佐 茂木 正史(モテギ マサシ:内線5560)
  • 海外技術調査係長 遠藤 敏之(エンドウ トシユキ:内線5560)

なお、公募要領の交付は、平成31年2月25日(月曜日)午後6時15分までとします。

9 その他

本公示に記載のない事項は、公募要領によるものとします。

 

以上公示します。

平成31年2月4日

農林水産省農村振興局長
室本   隆司

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader