このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成31年度米活用畜産物等ブランド化推進事業のうち米活用畜産物等全国展開事業の公募について

平成31年度「米活用畜産物等ブランド化推進事業」のうち「米活用畜産物等全国展開事業」の事業実施主体を公募しますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従い御応募ください。
なお、本公募は、平成31年度政府予算原案に基づいて行うものであるため、成立した予算の内容に応じて、事業内容、予算額等の変更があり得ることに御留意願います。

1 事業の趣旨

本事業は、米を給与した畜産物や加工品(以下「米活用畜産物等」という。)の全国的な認知度向上を図る上で必要となる、検討会の開催、ブランド化のためのロゴマークの管理及び普及、市場調査、特色ある地域での取組事例等の情報収集・発信、展示会等の開催に要する経費を支援します。

2 事業の概要

本事業の実施に当たっては、各地で取り組まれた米活用畜産物等について、米を利用した新たな食品の付加価値向上や需要拡大の取組を全国的に展開するため、次に掲げる事業を行うものとします。

(1) 推進検討会の運営

ブランド化された米活用畜産物等を全国的に広めるための活動内容を検討する検討会を開催する。
なお、検討会において、飼料用米への財政負担、他の自給飼料のコスト・収量、輸入飼料の価格との比較についても検討し、展示会等において情報発信する。

(2) 市場調査の実施

各地域でブランド化された米活用畜産物等を全国的に広めるために必要となる市場調査を実施する。

(3) 情報収集・情報発信

各地域でブランド化された米活用畜産物等の情報収集・発信(各地域の優良な取組事例を収集し表彰する等)を行うとともに、ブランド化された米活用畜産物等を全国的に広めるため、ロゴマークの管理及び普及を行う。

(4) 展示会等の開催

各地域でブランド化された米活用畜産物等が一堂に会する展示会や、全国の実需者との商談会、セミナーを開催する等により、食品事業者や一般消費者に紹介する。

3 応募資格及び応募方法

農林水産省のホームページに掲載する平成31年度米活用畜産物等ブランド化推進事業のうち米活用畜産物等全国展開事業の公募に係る公募要領他以下を御参照下さい。

  1. 公募要領(PDF : 325KB)
  2. 公募要領別紙様式(課題提案書等様式)
     別記様式1(PDF版: 112KBWORD版: 16KB
     別記様式2(PDF版: 257KBWORD版: 34KB
     別記様式3-1(PDF版: 329KBWORD版: 63KB
     別記様式3-2(PDF版: 113KBEXCEL版: 40KB
     チェックシート(PDF版: 190KBWORD版: 34KB
  3. 米活用畜産物等ブランド化推進事業実施要綱(PDF : 100KB)
  4. 米活用畜産物等ブランド化推進事業交付要綱(案)(PDF : 366KB)
  5. 米活用畜産物等全国展開事業実施要領(案)(PDF : 362KB)

4 公募の期間

公募の期間は平成31年3月4日(月曜日)から平成31年3月15日(金曜日)午後5時までとします。

5 補助金等交付候補者の選定方法

  • (1) 平成31年度米活用畜産物等ブランド化推進事業のうち米活用畜産物等全国展開事業に係る公募要領に基づき、提出された申請書類ついて書類審査、選定審査委員会による審査を行い、補助金交付候補者を選定します。
  • (2) (1)の選定審査会においてヒアリングを実施する場合には、有効な申請書類を提出した者に対して公募期間終了時から1週間を目処に連絡します。

6 補助事業等の条件を示す場所、実施要綱等を交付する日時及び場所

(1) 日時

平成31年3月4日(月曜日)~平成31年3月15日(金曜日)午前10時~午後5時(正午~午後1時を除く。)

(2) 場所

農林水産省政策統括官付穀物課米麦流通加工対策室消費流通第1班(農林水産省南別館2階ドアNo.別202)

7 課題提案書等の提出期限及び提出先

(1) 提出期限

平成31年3月15日(金曜日)午後5時必着

(2) 提出先

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省政策統括官付穀物課米麦流通加工対策室消費流通第1班

8 課題提案書等の無効

本公示に示した応募資格を満たさない者の課題提案書等は無効とします。

9 その他

本公示に記載なき事項は、平成31年度米活用畜産物等ブランド化推進事業のうち米活用畜産物等全国展開事業に係る公募要領によるものとします。

以上、公示します。

平成31年3月4日

農林水産省政策統括官
天羽   隆

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader