このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成25年度日本の食を広げるプロジェクト事業のうち消費拡大全国展開事業の公募について

平成25年度において実施予定の「日本の食を広げるプロジェクト事業」のうち「消費拡大全国展開事業」の事業実施主体を公募しますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従い御応募ください。

1. 事業の趣旨

食料自給率及び食料自給力の維持向上を実現するためには生産面の努力に加え、消費面でも大幅な変革が必要です。
一方、国内外では、教育、健康・福祉、観光や文化等多様な面からも日本の「食」への関心が高まっています。
国内外の市場を目指して、国産農林水産物・食品の消費を拡大していくためには、現場の発想と多様な面からの関心をとらえ、様々なモノ・サービスと結びつけつつ、進めていくことが重要です。
日本の食を広げるプロジェクト事業は、これらを踏まえた国産農林水産物・食品の消費拡大の施策を一体的かつ総合的に推進するものです。

2. 事業の概要

  1. 日本の食を広げるプロジェクトのうち食のモデル地域育成事業(以下、「食のモデル地域育成事業」といいます。)の取組の対象となった国産農林水産物や食品を含めた国産農畜産物の品目横断的な消費拡大の取組等を支援します。
  2. 食のモデル地域育成事業の対象となった地域と連携を図り、下記(1)~(4)の品目別の課題に対応した解決策の検討、実行等の取組を支援します。
    (1)米・米粉等 (2)麦 (3)青果物 (4)水産物

    なお、1. 2. ともに対象となる取組は、人材・後継者等育成、消費拡大促進対策、 商談会等の開催、消費拡大促進フェア等の開催です。

3. 応募資格及び応募方法

「平成25年度日本の食を広げるプロジェクト事業のうち消費拡大全国展開事業に係る公募要領」、「日本の食を広げるプロジェクト実施要綱」、「消費拡大全国展開事業実施要領」を御参照下さい。

4. 公募の期間

公募の期間は平成25年5月29日(水曜日)から平成25年6月28日(金曜日)午後5時00分までとします。

5. 公募に係る説明会の開催

  1. 公募に係る説明会は、平成25年6月5日(水曜日)午後2時00分より農林水産省本省(東京都千代田区霞が関1-2-1)共用会議室第6号(農林水産省本館7階ドアNo.本768)で開催します。
  2. 説明会への出席を希望する者は、「公募に係る説明会出席届」(別紙様式)を農林水産省生産局農産部穀物課米麦流通加工対策室へ提出(FAX可)(FAX番号: 03-6744-2523)するものとします。
    また、出席者は1団体につき2名までとし、出席希望者多数の場合、人数及び日程を調整させていただくことがございますので、ご了解願います。
    なお、同出席届を提出しなかった者は出席を認められない場合があります。
  3. 説明会への出席は任意とし、応募の要件とはいたしません。

6. 補助金等交付候補者の選定方法

  1. 平成25年度日本の食を広げるプロジェクト事業のうち消費拡大全国展開事業に係る公募要領に基づき、提出された課題提案書等について書類審査、課題提案会等の審査を行い、予算の範囲内において補助金交付候補者を選定します。
  2. 1. の課題提案会を開催する場合は、有効な課題提案書等を提出した者に対し、公募期間終了時から1週間頃までに連絡します。

7. 課題提案書等の提出期限及び提出先

(1) 提出期限

平成25年6月28日(金曜日)午後5時00分必着とします。

(2) 提出先

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1 農林水産省

2の1. (品目横断型)
農林水産省生産局農産部穀物課米麦流通加工対策室消費流通第1班
(農林水産省本館2階ドアNo.本279)

2の2. (1)(米・米粉等)
農林水産省生産局農産部穀物課米麦流通加工対策室消費流通第1班
農林水産省生産局農産部穀物課新用途米穀推進班
(農林水産省本館2階ドアNo.本271、本279)

2の2. (2)(麦)
農林水産省生産局農産部貿易業務課消費流通第2班
(農林水産省別館2階ドアNo.別203)

2の2. (3)(青果物)
農林水産省生産局農産部園芸作物課園芸流通加工対策室園芸消費促進班
(農林水産省別館2階ドアNo.別222)

2の2. (4)(水産物)
水産庁漁政部企画課
(農林水産省本館8階ドアNo.本867)

8. 課題提案書等の無効

本公示に示した応募資格を満たさない者の課題提案書等は無効とします。

9. その他

本公示に記載なき事項は、平成25年度日本の食を広げるプロジェクト事業のうち消費拡大全国展開事業に係る公募要領によるものとします。

 

以上公示します。 

平成25年5月29日

 

農林水産省 生産局長

佐藤 一雄

 

水産庁長官

本川 一善

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader