ホーム > ご意見・お問い合わせ > 調達情報・公表事項 > 補助事業参加者の公募 > 平成26年度日本の食魅力再発見・利用促進事業のうち食のモデル地域育成事業(特用林産物及び水産物を中心とするものを除く)の公募について(第2次公募)


ここから本文です。

平成26年度日本の食魅力再発見・利用促進事業のうち食のモデル地域育成事業(特用林産物及び水産物を中心とするものを除く)の公募について(第2次公募)

平成26年度「日本の食魅力再発見・利用促進事業」のうち「食のモデル地域育成事業(特用林産物及び水産物を中心とするものを除く)」の事業実施主体を公募しますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従い御応募ください。

1 事業の趣旨 

食料自給率及び食料自給力の維持向上を実現するためには生産面の努力に加え、消費面でも大幅な変革が必要です。また、今般、和食のユネスコ無形文化遺産登録が決まった事等を受け、日本の「食」への関心が高まっています。
このような機会を捉え、国産農林水産物・食品や日本食・食文化の魅力を再発見し、全国に発信することを通じて、国産農林水産物・食品の消費拡大に繋げることが重要です。
このため、地域の農林水産物の利用促進や全国レベルでの国産農林水産物・食品の消費拡大に向けた取組等を、日本の食魅力再発見・利用促進事業により一体的かつ総合的に推進します。

2 事業の概要 

地域で生産・製造される国産農林水産物や食品の消費拡大を図るため、商品開発、販路開拓、人材育成等の取組を支援します。

応募資格及び応募方法

平成26年度日本の食魅力再発見・利用促進事業のうち食のモデル地域育成事業(特用林産物及び水産物を中心とするものを除く)に係る公募要領他以下を御参照下さい。

  1. 公募要領(第2次公募)(PDF:270KB)
  2. 公募要領別記様式(課題提案書等様式)
    別記様式1-1(ワード:15KB)  、別記様式1-2(ワード:177KB)別記様式1-3(ワード:221KB)別紙様式1-4(ワード:57KB)別紙様式1-5(ワード:60KB)チェックシート(ワード:82KB)
  3. 日本の食魅力再発見・利用促進事業実施要綱(PDF:154KB)
  4. 日本の食魅力再発見・利用促進事業補助金交付要綱(PDF:612KB)
  5. 食のモデル地域育成事業実施要領(PDF:181KB)
  6. 補助事業等の実施に要する人件費の算定等の適正化について(PDF:153KB)

4 公募の期間

公募期間は平成26年3月17日(月曜日)から平成26年5月26日(月曜日)午後5時00分までとします。

5 補助金等交付候補者の選定方法

  1. 平成26年度日本の食魅力再発見・利用促進事業のうち食のモデル地域育成事業(特用林産物及び水産物を中心とするものを除く)に係る公募要領(第2次公募)に基づき、提出された課題提案書等について書類審査、課題提案会、選定審査委員会による審査を行い、予算の範囲内において、得点が高い者から順に、補助金交付候補者を選定します。
  2. 1. の課題提案会を開催する場合は、有効な課題提案書等を提出した者に対して公募期間終了時から1週間頃までに連絡します。

補助事業等の条件を示す場所、実施要綱等を交付する場所及び日時

(1) 日時

平成26年3月17日(月曜日)~平成26年5月26日(月曜日)
交付は、月曜日~金曜日(祝祭日を除く)の、午前10時00分~午後5時00分(正午~午後1時00分を除く)

 

(2) 場所

農林水産省生産局農産部穀物課米麦流通加工対策室消費流通第1班
(農林水産省本館2階ドアNo.本279)

 

7 課題提案書等の提出期限、提出先及び提出部数

(1) 提出期限

平成26年5月26日(月曜日)午後5時00分必着

 

(2) 提出先

〒100-8950  東京都千代田区霞が関1-2-1  農林水産省
6の(2)と同じ場所へ提出してください。

 

(3) 提出部数

(1)課題提案書、(2)経費内訳書、(3)協議会の概要、(4)その他添付資料
    を一括にして綴じたもの                                                                    各10部
(1)~(3)を記録した電子媒体(CD-R等)                                                    1枚

 

8 課題提案書等の無効

本公示に示した応募資格を満たさない者の課題提案書等は無効とします。

9 その他

今回の第2次公募は、平成26年度予算額から第1次公募で補助金交付候補者として選定された者に係る補助金交付総額(見込み)を除いた残額(約18,000千円)の範囲で行います。
また、今回の公募で、補助金交付総額(見込み)が「平成26年度食のモデル地域育成事業」の財源に達する見込みであることから第3次公募は行わない予定です。本事業の実施を希望される方は今回御応募下さい。
なお、本公示に記載なき事項は、平成26年度日本の食魅力再発見・利用促進事業のうち食のモデル地域育成事業(特用林産物及び水産物を中心とするものを除く)に係る公募要領(第2次公募)によるものとします。

10 問合せ先

〒100-8950  東京都千代田区霞が関1-2-1
     農林水産省生産局農産部穀物課米麦流通加工対策室消費流通第1班
    (農林水産省本館2階ドアNo.本279)
      電話 :03-3502-7950(直通)
      FAX  :03-6744-2523
問い合わせは、月曜日~金曜日(祝祭日を除く。)で、午前10時00分~午後5時00分(正午~午後1時00分を除く。)までとします 。

 

以上公示します。

 

平成26年4月23日

農林水産省生産局長

佐藤  一雄

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図