このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

産地リスク軽減技術総合対策事業のうち施設園芸産地防災実証モデル導入事業に係る公募について

「平成28年度産地リスク軽減技術総合対策事業のうち施設園芸産地防災実証モデル導入事業」について、事業実施主体を公募します。本事業の実施を希望される方は、下記に従い御応募ください。なお、本事業の執行等については、平成28年度予算の成立が前提となります。したがって、今後内容等に変更が生じる場合がありますので、あらかじめ御了承願います。

1 事業の趣旨

近年の台風、地震、大雪、豪雨などの大規模災害により施設園芸産地が甚大な被害を受け、生産者の経営を圧迫しています。また、主産地の被災により、野菜や果物が品薄・価格高になり、国民への食料の安定供給にも悪影響を及ぼすおそれがあります。
平成26年2月の大雪では園芸用施設に大規模な被害が生じ、ほうれんそうやきゅうりの市場流通が激減しました。また、南海トラフ地震が今後30年間で70%の確率で発生することが予測されており、発生すれば太平洋沿岸の施設園芸産地が被災する可能性があります。
こうした災害に備え、産地全体の園芸施設の強度を向上させるなど産地が主体的に取り組む防災対策を支援します。

 

2 事業の概要、応募資格及び応募方法 

産地リスク軽減技術総合対策事業のうち施設園芸産地防災実証モデル導入事業公募要領(以下「公募要領」という。)等を御参照ください。

 

3 公募の期間

公募の期間は平成28年2月1日(月曜日)から平成28年2月26日(金曜日)までとします。

 

4 補助金等交付候補者の選定方法

公募要領の7に基づき、提出された応募書類について審査を行い、補助金等交付候補者として選定する。

 

5 応募申請書等の提出期限及び提出場所

(1) 提出期限:平成28年2月26日(金曜日) 午後5時00分必着
(2) 提出先:別紙3 参照。

 

6 応募申請書等の無効

本公示に示した応募資格を満たさない者の応募書類は無効とする。

 

7 その他

本公示に記載のない事項については、公募要領による。

 

以上公示します。

 

平成28年2月1日

農林水産省生産局長

                                                                          今城 健晴

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader