このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成29年度農林水産業におけるロボット技術安全性確保策検討事業に係る公募について

平成29年度における「農林水産業におけるロボット技術安全性確保策検討事業」について、事業実施主体を公募しますので、本事業の実施を希望される方は下記に従い応募してください。
なお、本公募は、平成29年度政府予算案に基づくものであるため、成立した予算の内容に応じて、事業内容、予算額等の変更があり得ることに御留意願います。

第1 事業の趣旨

担い手の高齢化・減少、人手不足等が深刻化している中、省力化など生産性の飛躍的な向上を図り、我が国の農林水産業及び食品産業の成長産業化を促進するためには、ロボット技術やICTの活用が急務となっています。

このような中、「ロボット新戦略」(平成27年2月10日 日本経済再生本部決定)では、農林水産業・食品産業分野をロボット技術の導入を推進すべき分野として位置付け、生産現場への導入促進に向けたアクションプランを定めたところです。

一方で、企業でのロボット技術の開発・実証が進展する中で、将来の農林水産分野におけるロボットの普及拡大に向けて、更なる安全性確保に向けたルールづくり等のロボット導入のための環境整備を進めることが必要となっています。

 

第2 事業内容

本事業は、農林水産分野への現場実装に際して安全上の課題解決が必要なロボット技術について、生産現場における安全性の検証及びこれを踏まえた安全性確保策のルールづくり等の取組を支援します。

本事業は、次の1及び2に掲げる事業により構成されるものとします。

  1. ドローン等小型の無人航空機に関する安全性確保策の検討
  2. ロボット農機に関する安全性確保策の検討及び遠隔監視によるロボット農機の無人での完全自動走行の実現に向けた検証

 

第3 応募資格及び応募方法

「平成29年度農林水産業におけるロボット技術安全性確保策検討事業に係る公募要領」(以下「公募要領」という。)等、以下の資料を御参照ください。

 

第4 公募の期間

公募期間は、平成29年3月6日(月曜日)から平成29年3月24日(金曜日)までとします。

公募要領等については、農林水産省ホームページ(http://www.maff.go.jp/index.html)から入手できます。

 

第5 補助金等交付候補者の選定方法

公募要領に基づき、提出された申請書類等について、書類審査、選定審査委員会により審査を行い、補助金等交付候補者を選定します。

 

第6 申請書類の提出期限及び提出場所

(1)提出期限

平成29年3月24日(金曜日)17時00分必着 

(2)提出場所

〒100-8950 東京都千代田区霞が関一丁目二番一号 農林水産省

第2の1に掲げる事業 消費・安全局植物防疫課(電話:03-3502-3382)
第2の2に掲げる事業 生産局技術普及課(電話:03-6744-2111)

 (注)郵送の場合は、封筒に赤字で「農林水産業におけるロボット技術安全性確保策検討事業申請書類在中」と記載して下さい。

 

第7 問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは、応募の締め切りまでの間、下記において受け付けます。
なお、審査過程、他の応募者に関する事項、応募に当たり特定の者にのみ有利となる事項等にはお答えできません。

【事業全般に関すること】
大臣官房政策課技術政策室技術企画班
電話番号(直通):03-6744-0408

【第2の1の事業に関すること】
消費・安全局植物防疫課防除班
電話番号(直通):03-3502-3382

【第2の2の事業に関すること】
生産局技術普及課スマート農業推進班
電話番号(直通):03-6744-2111

 

以上公示する。

 

平成29年3月6日

農林水産省消費・安全局長

今城 健晴

 

農林水産省生産局長

枝元 真徹

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader