このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成30年度産地活性化総合対策事業のうち茶・薬用作物等地域特産作物体制強化促進事業(甘味資源作物等支援事業を除く)の追加公募(三次公募)について

1 総則

産地活性化総合対策事業のうち茶・薬用作物等地域特産作物体制強化促進事業(甘味資源作物等支援事業を除く。以下「本事業」といいます。)に係る三次公募の実施については、この要領に定めるものとします。

2 公募対象事業

この公募で募集する事業は、次に掲げる事業とします。

  • 地域の生産体制強化・需要創出事業(ただし、別添2の第3の1の(2)のクの(ア)の取組に限ります。)

3 事業内容、事業実施主体、補助対象経費等

補助事業の内容、応募者の要件、補助対象経費の範囲等については、次の公募要領を御覧ください。

4 応募書類の提出期限等

(1) 提出期限

平成30年11月19日(月曜日)午後5時まで(必着)

(2)  問合せ先及び提出先(郵送等の場合)

地域の生産体制強化・需要創出事業(地区事業)

不明な点がありましたら、上記にお問い合わせください。ただし、お問合せについては、平日の午前9時30分から午後5時まで(正午から午後1時までを除く。)とします。

(3)  応募書類及び部数(部数は郵送等の場合)

(4) 応募書類(電子メールによる提出の場合)

電子メールで提出される場合は、(3)に記載された文書の電子データを提出いただきますが、電子メールの提出先は(2)の記載先にお問い合わせください。

  • 件名は「H30茶・薬用作物等地域特産作物体制強化促進事業地区事業の申請書類(応募者名)」としてください。
  • 押印文書はスキャナー等で読み取りPDFファイルとして送付するとともに、押印文書自体は応募者が保存願います。
  • 添付ファイルは圧縮せずに1メールあたり7メガバイト以下としてください。
  • 複数の電子メールとなる場合は件名の「応募者名」を「応募者名・その□」(□は連番)としてください。

(5) 注意事項

  • ア 応募書類に虚偽の記載、不備等がある場合は、審査対象外となる場合があるため、公募要領を熟読の上、申請様式に沿って作成してください。
  • イ 応募書類の作成及び応募に係る費用は、応募者の負担とします。
  • ウ 応募書類の提出は、原則として郵送又は宅配便(バイク便を含む。)とし、やむを得ない場合には持参も可とします。
  • エ 応募書類を郵送する場合は、封筒等の表に「産地活性化総合対策事業(茶・薬用作物等地域特産作物体制強化促進事業地区事業)応募書類在中」と朱書きし、簡易書留、特定記録等、配達されたことが証明できる方法によって提出してください。また、提出期限前に余裕を持って投函するなど、必ず提出期限までに到着するようにしてください。
  • オ 提出後の応募書類については、原則として、資料の差替え等は不可とし、採用、不採用にかかわらず返却はしませんので、御了承ください。
  • カ 提出された応募書類については、秘密保持に十分配慮するものとし、審査以外には無断で使用しません。
  • キ 審査に当たり、農林水産省から応募者に申請内容の確認等を行う場合があります。

5 補助金等交付候補者の選定

公募要領に基づき提出された応募書類についてポイントごとに審査を行い、事業実施主体となり得る者を選定します。

6 審査結果の通知

審査結果については、審査等の手続きが終了後、速やかに全ての応募者に対し、書面で通知する予定です。審査結果の通知については、補助金等交付候補者には補助金交付の候補者となった旨をお知らせするものであり、補助金の交付は、別途、必要な手続を経て、正式に決定されることになります。
なお、補助金等交付候補者の決定に関わる審査の経過、審査結果等に関するお問合せにはお答えできませんので、あらかじめ御了承ください。

 

以上、公示します。

平成30年10月24日

農林水産省生産局長
枝元 真徹

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader