このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成29年度農林水産物・食品輸出促進対策事業のうち新興市場等におけるマーケティング拠点事業の公募について(3次公募)


平成29年度農林水産物・食品輸出促進対策事業のうち新興市場等におけるマーケティング拠点事業の実施について、事業実施候補者を公募しますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従い御応募ください。

1   事業の趣旨

『日本再興戦略』改定2016」において平成32年までの目標となっている農林水産物・食品の輸出総額目標1兆円を前倒しして実現することを目指すこととされており、「農林水産業の輸出力強化戦略」(平成28年5月農林水産業・地域の活力創造本部取りまとめ)及び品目毎の輸出拡大方針に沿った取組の着実な実施により、商流を確立して、グローバルな食市場を獲得していくことが必要です。
このため、国産農林水産物・食品(以下「農林水産物等」という。)のマーケティングを支援することを目的とし、輸出戦略の重点国・地域等の百貨店、スーパー等において、農林水産物等の試験販売を実施するマーケティング拠点(以下「インストア・ショップ」という。)を設置し、農林水産物等の試験販売(以下「試験販売」という。)及びその結果について出品者へのフィードバックを行います。

 

2   事業の概要

農林漁業者や食品事業者の組織する団体等が実施する、次の(1)から(3)までの取組を支援します。
また、本事業は、北米地域(米国(サンフランシスコ及びロサンゼルス以外。ハワイを含む。)及びカナダ等)又はロシアにおいて実施します。

(1)拠点の設置

[1] 情報収集など諸準備

[1] インストア・ショップを設置する国・地域の法令及び通関等に必要な手続に関する情報収集、[2] インストア・ショップ設置予定店舗の利用者層に関する情報収集、農林水産物等の購買が見込める所得層(富裕層や上位中間層など)の割合や国籍など、[3] インストア・ショップの運営に必要な届出等の作成・提出、[4] 出品物をインストア・ショップまで輸送する手段の手配、[5] 試験販売及びアンケート調査に係る人員の手配などインストア・ショップを円滑に運営するために必要な準備を行うこととする。

[2] 拠点の設置及び運営

現地の消費者への試験販売、アンケート調査等を実施するために適切な場所にインストア・ショップを設置するとともに、必要な什器、装飾等を手配し、試験販売する農林水産物等(以下「出品商品」という。)の輸送、在庫管理、陳列等を行うこととする。

[3] 拠点の広報活動

試験販売の実施前や実施中にテレビ、新聞、雑誌、ウェブサイト、SNSなどの媒体を用いて、集客のための広報を行うこととする。
また、試験販売の開始時などに現地消費者、メディア等の関心を集めるイベントを開催することで、インストア・ショップへの集客に結びつけることとする。

(2)試験販売、アンケート調査等の実施

インストア・ショップで出品商品の試験販売・プロモーションを行うとともに、出品商品のマーケティングに資する情報を収集し、その情報を出品者に提供するため、次のことを行うこととする。

[1] 試験販売のための商品の選定

出品商品は、事業実施主体が全国各地から公募した農林水産物等(農林水産省が別途提供する商品リストを含む。)の中から、インストア・ショップを設置する国・地域の食品事情や食の嗜好等に精通した者の意見や現地市場における日本食の普及度や現地の購買力等を踏まえ、市場に定着する可能性のある商品を農林水産省と協議の上、選定すること。また、過去に本事業に応募のあった商品については、過去のアンケート調査結果を反映した改良を加えた商品を選定すること。なお、不採択となった出品希望者に対して事業実施主体から不採択となった理由を付して連絡すること。

[2] 試験販売のためのマーケティングに資する情報の収集・提供

事業実施主体は、出品商品を扱う見込みがある卸売業及び小売業のバイヤーやレストラン関係者などをリスト化するとともに、インストア・ショップを設置する国・地域の食品事情、食の嗜好についての情報等、マーケティングに資する情報を広範に収集すること。また、必要に応じてそれらの情報を出品商品の提供者に提供すること。

[3] 出品商品のプロモーション

味付けや付け合わせを現地の消費者に受け入れられるよう工夫した出品商品の試食・試飲、調理実演、飲食方法・使い方の説明、出品商品を活用した現地向けのレシピの提供等出品商品のプロモーションを行うこと。

[4] 出品商品に係る試験販売の結果の取りまとめ

出品商品の販売期間、販売価格・販売個数、購買層等の試験販売の結果をとりまとめること。

[5] 出品商品に係るアンケートの実施

試験販売に合わせて、現地の消費者、輸入業者、流通業者等にアンケート調査を行い、出品商品の味、価格等に対する評価・意見を収集し、商品改良に資するようその結果をとりまとめること。

[6] 農林水産省への報告と出品者へのフィードバック

出品商品の試験販売の結果、アンケート調査結果をとりまとめ、農林水産省に報告し、その確認を得た上で出品者にフィードバックすること。

(3)報告書の作成

試験販売実施期間の終了後、試験販売結果、現地消費者等へのアンケート調査など各種活動の成果、本事業を通じて得られた今後の課題等についてまとめた報告書を作成し、農林水産省に提出すること。また、当該報告書をインターネット等で公表し、事業成果の周知に努めること。

 

3   応募資格及び応募方法

以下に掲げる本事業の公募要領等を御参照ください。

【参照】

 

4   公募の期間

公募の期間は平成29年9月25日(月曜日)から10月13日(金曜日)までとします。

 

5   公募参加表明書に関する事項

応募者は、6の課題提案書等の提出に先立って、公募参加表明書(別紙様式第1号)を(2)の[1] の提出期限までに提出する必要があります。

(1)公募参加表明書の作成及び提出
応募者は、公募参加表明書を作成の上、(2)の[2] の提出先に提出するものとします。

(2)提出期限、提出先、受付時間等

[1] 提出期限
平成29年10月11日(水曜日)

[2] 提出先 〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省食料産業局輸出促進課(本館6階、ドア番号:本611)
TEL:03-6744-7172   FAX:03-6738-6475

[3] 提出部数
1部

[4] 受付日時
ア 受付日  月曜日~金曜日(祝日を除く。)
イ 受付時間  10時00分~12時00分及び13時30分~17時00分

(3)公募参加表明書の取扱い 提出された公募参加表明書は返却いたしません。

 

6   課題提案書等の提出期限、提出先及び提出部数

(1)提出期限
平成29年10月13日(金曜日)

(2)提出先
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省食料産業局輸出促進課(北別館6階、ドア番号:北610)
(平成29年5月8日(月曜日)以降は本館6階、ドア番号:本611)
TEL:03-6744-7172 FAX:03-6738-6475

(3)提出部数
16部

(4)受付日時
[1] 受付日  月曜日~金曜日(祝日を除く。)
[2] 受付時間  10時00分~12時00分及び13時30分~17時00分

(5)課題提案書等の取扱い
提出された課題提案書等は返却いたしません。

 

7   補助金交付候補者の選定方法

公募要領第10に基づき、提出された申請書類について書類確認等をを行った後、選定審査委員会による最終審査を行い、予算の範囲内において、得点が高い者から順に、補助金交付候補者を選定します。
また、提出された申請書類については、必要に応じて申請内容についての問い合わせ、追加資料の要求、事業実施計画等の修正、所要額の減額等を行うことがあります。

 

8   課題提案書等の無効

本公示に示した応募資格を満たさない者の課題提案書等は無効とします。

 

9   その他

今回の公募は、32,321千円の範囲内で事業実施に必要となる経費を助成します。
また、このほか、本公示に記載なき事項は、公募要領等によるものとします。

 

10   問い合わせ先

〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省食料産業局輸出促進課
(本館6階、ドア番号:本611)
代表:03-3502-8111(内線4345)
直通:03-6744-7172
FAX :03-6738-64754

 

以上公示します。

平成29年9月25日

農林水産省食料産業局長
井上宏司

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader