このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成29年度食品産業等生産性向上緊急支援事業のうち農業データ知財保護・活用推進事業の公募について

平成29年度食品産業等生産性向上緊急支援事業のうち農業データ知財保護・活用推進事業の実施について、事業実施候補者を公募しますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従い御応募ください。


1 事業の趣旨

農林水産・食品産業分野において飛躍的な生産性向上を図るため、AIやIoT、ロボット技術等を活用したスマート農業の進展を図っていますが、スマート農業の効果を最大限に発揮するためには農業に関するビッグデータを利活用していくことが極めて重要です。
ビッグデータの利活用を推進するに当たっては、データ提供者(農業者等)、ビッグデータ化を行うIT事業者、その構築されたシステムを使用する者の関係者間で知的財産の適切な保護を図るためのルール作りが重要であり、データの利用権限に関する契約ガイドラインの策定や、データの不正使用に対応するための法的手法の在り方の検討など、政府全体として検討が進められています。
農業分野についても、こうしたデータ化された栽培ノウハウやAIを活用し創造された情報等の価値ある情報について、知的財産としての保護の在り方や利活用のルールが農業現場に適切に導入されるよう、農業の実態に即したガイドラインの策定等に取り組みます。

2 事業の概要

本事業の概要については、平成29年度食品産業等生産性向上緊急支援事業のうち農業データ知財保護・活用推進事業に係る公募要領(以下「公募要領」という。)の第3に掲げる事業内容を御参照ください。

3 応募資格及び応募方法等

以下に掲げる本事業の公募要領等を御参照ください。

【参照】

4 公募の期間

公募の期間は平成30年2月5日(月曜日)から平成30年2月26日(月曜日)までとします。

5 補助金交付候補者の選定方法

公募要領に基づき提出された課題提案書等において審査を行い、本事業の予算の範囲内で、最も得点が高い者を補助金交付候補者として選定します。

6 公募要領等を交付する日時及び場所

(1) 日時

平成30年2月5日(月曜日)~平成30年2月26日(月曜日)
10:00~12:00及び13時00分~17時00分(土日、祝祭日を除く。)

(2) 場所

「7(2)提出先」と同じ
なお、公募要領等は、「3 応募資格及び応募方法等」の【参照】から印刷することも可能です。

7 課題提案書等の提出期限、提出先及び提出部数

(1) 提出期限

平成30年2月26日(月曜日)18時00分必着

(2) 提出先

東京都千代田区霞が関1-2-1
TEL:03-6738-6442
農林水産省食料産業局知的財産課知的財産調整班(北別館6階ドアNo.北613)

(3) 提出部数

課題提案書10部(正1部、副9部)
提出者の概要(会社概要等) 10部(正1部、副9部)
(※コピーの原紙として使用しますので、パンフレット等も含め、そのままコピーできるよう、ホッチキスなしのA4片面クリップ止めで御提出ください。)

(4) 提出方法

原則として、郵送又は宅配便(バイク便を含む。)とし、やむを得ない場合には、持参も可としますが、FAX又は電子メールによる提出は、受け付けません。

(5) その他

(ア) 提出書類は返却しません。また、機密保持には十分配慮します。
(イ) 提出期限までに到着しなかった申請書類は、いかなる理由があろうとも無効となります。
また、書類に不備等がある場合は、審査対象とはなりませんので、この公示をよくお読みいただき、注意して記入してください。
(ウ) 申請書類の差し替えは固くお断りいたします。
(エ) 提出された申請書類については、応募要件及び申請書類の内容について確認し、必要に応じて問い合わせをいたします。

8 課題提案書等の無効

本公示に示した応募資格を満たさない者の課題提案書等は無効とします。

9 その他

本公示に記載なき事項は、公募要領によるものとします。

10 問い合わせ先

「7(2)提出先」と同じ

以上公示します。

平成30年2月5日

 

農林水産省食料産業局長
井上 宏司

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader