このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成29年度おみやげ農畜産物検疫受検円滑化支援事業の公募について

平成29年度「おみやげ農畜産物検疫受検円滑化支援事業」について、事業実施主体を公募いたしますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従い御応募ください。
なお、本公募の内容は、平成29年度政府予算原案に基づくものですので、成立した予算の内容に応じて、事業内容等に変更があり得ることに御留意願います。

1 事業の趣旨

訪日外国人旅行者数が増加する中、輸出促進や農山漁村の活性化等の観点から、旅行者が安心して円滑に地域の農畜産物を購入し、持ち帰ることができる環境・体制を整備することが重要です。
これまで、外国人旅行者が直売所などで購入した農畜産物を旅行中持ち歩かなくても動植物検疫を経て空港等で受け取れる検疫手続・体制(検疫手続円滑化モデル)を構築してきましたが、ここで得られたノウハウを生産者、事業者等に広く普及するとともに、ニーズはあるものの輸出検疫条件が複雑な農畜産物について、事業者が取り組みやすい検疫手続円滑化モデルを構築する必要があります。
本事業は、輸出検疫条件が複雑な盆栽等の農畜産物のモデル的な販売を通じ、おみやげを購入しようとする訪日外国人旅行者の利便性向上を実現するための販売及び検疫の受検代行等について調査・検討を行うとともに、確立されたモデルを広く周知することを目的として実施するものです。

 

2 事業内容等

事業内容、公募の対象となる取組及び要件、補助対象経費の範囲、補助金の額及び補助率等については、「平成29年度おみやげ農畜産物検疫受検円滑化支援事業に係る公募要領」(以下「公募要領」とします。)を御参照ください。

 

3 応募資格及び応募方法

公募要領を御参照ください。

 

4 公募の期間

公募の期間は平成29年3月3日(金曜日)から平成29年3月13日(月曜日)までとします。

 

5 事業実施主体の候補者の選定方法

提出された企画書等について、外部有識者による選定審査委員会の審査を経て、企画書等を提出した者の中から、事業実施主体となり得る者を選定します。なお、審査は非公開で実施します。

 

6 公募要領を交付する場所及び日時

(1)日時

平成29年3月3日(金曜日)~平成29年3月10日(金曜日)
10時~17時

(2)場所

農林水産省消費・安全局植物防疫課輸出業務班(南別館4階ドアNo.別405)

なお、公募要領については、農林水産省のホームページに掲載しています。
http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/index.html

 

7 企画書等の提出期限及び提出場所

(1)提出期限

平成29年3月13日(月曜日)17時(郵便の場合は必着)

(2)提出先

東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省消費・安全局植物防疫課輸出業務班(南別館4階ドアNo.別405)

 

8 公募説明会の開催

(1)日時

平成29年3月7日(火曜日)10時30分~11時30分

(2)場所

農林水産省消費・安全局第5会議室(本館地下ドアNo.005)

 

9 企画書等の無効

本公示に示した応募資格を満たさない者の企画書等は無効とします。

 

10 その他

本公示に定めのない事項については、公募要領によるものとします。

 

以上公示します。

 

平成29年3月3日

農林水産省消費・安全局長

今城 健晴

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader