このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成31年度家畜生産農場衛生対策事業のうち農場HACCP導入推進強化事業の公募について

平成31年度における家畜生産農場衛生対策事業のうち農場HACCP導入推進強化事業の実施について、事業実施候補者を公募しますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従い御応募ください。
なお、本事業は、平成31年度政府予算案に基づいて行うものであるため、成立した予算の内容に応じて、事業内容、予算額等の変更があり得ることに御留意願います。

 記

1 事業の趣旨

本事業は、HACCPの考え方を取り入れた家畜の衛生管理(農場HACCP)に取組む農場の裾野を広げるため、畜種ごとにモデル農場を選出し、農場HACCPに取組むことによるメリットを分析し、生産者に広報・周知するのに必要な経費を支援すること、農場HACCPの魅力を海外向けに発信するため、複数言語を用いた広報資料の作成、海外に赴いての農場HACCPの紹介及び海外の政府機関やバイヤー等による農場HACCP認証農場の視察受け入れに必要な経費を支援すること及び農場HACCPの導入や認証取得を促進する農場指導員を増強するため、養成カリキュラムの検討・充実や養成研修会を実施する場合に必要な経費を支援することで、我が国の畜産物の安全性の向上と消費者の信頼の確保を図り、畜産物の付加価値や消費者への訴求力を高めるものです。

2 事業の概要

農場HACCPの導入や認証取得を促進するため、以下の取組を実施します。

(1) 農場HACCP取組事例の分析及び広報・周知

  • ア 運営委員会を開催して、モデル農場の分析に係る手法や生産者等への広報・周知方法の検討等を行い、発表会の充実を図る取組
  • イ 畜種(乳用牛、肉用牛、養豚、採卵鶏、肉用鶏)ごとにモデル農場を選出し、経営メリット等の農場HACCPに取組むことによる効果について分析する取組
  • ウ イで分析した内容を含む農場HACCPの取組によるメリットを生産者等に広報・周知するための発表会を開催する取組

(2) 海外向け広報活動

  • ア 農場HACCPを海外向けに広報するための複数言語を用いた資料(パンフレット等)及びウェブサイトを作成する取組
  • イ 農場HACCPの魅力を海外の政府機関やバイヤー等に周知するため、海外(日本産畜産物が輸出可能な国であること)に赴いて農場HACCPを紹介する取組
  • ウ 海外の政府機関やバイヤー等の農場HACCP認証農場の視察を受け入れることにより、農場HACCPの取組がどのように食品の安全の担保に繋がっているのか紹介する取組

(3) 農場指導員の養成

  • ア 農場指導員養成研修会に係る運営委員会を開催して農場指導員の養成カリキュラムや教材の検討等を行い、農場指導員養成研修会の充実を図る取組
  • イ 農場での農場HACCPの導入や認証取得を促進する農場指導員を養成し、農場HACCPの現場指導に資するための農場指導員養成研修会を開催する取組(複数の都市における開催が望ましい)

3 応募者の要件及び応募方法

別に定める「平成31年度における家畜生産農場衛生対策事業のうち農場HACCP導入推進強化事業の実施に係る公募要領」(以下「公募要領」という。)を御参照ください。

4 公募の期間

公募の期間は、平成31年2月18日(月曜日)から平成31年3月11日(月曜日)までとします。

5 事業実施候補者の選定方法

公募要領に基づき、提出された企画書等について審査を行い、事業実施候補者を選定します。

6 公募要領を交付する場所及び日時

(1) 日時

平成31年2月18日(月曜日)~平成31年3月11日(月曜日)

(2) 場所

農林水産省消費・安全局動物衛生課保健衛生班(4階ドアNo.別407)

下記資料をご参照のうえ、企画書等を作成しご提出ください。

7 企画書等の提出期限及び提出場所

(1) 提出期限

平成31年3月11日(月曜日)17時(必着)

(2) 提出先

東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省消費・安全局動物衛生課保健衛生班(4階ドアNo.別407)

8 企画書等の無効

公募要領に定める応募者の要件を満たさない者が提出した企画書等は、無効とします。

9 その他

本公示に定めのない事項については、公募要領によるものとします。
また、ご応募される場合は、公募要領のほか、食料安全保障確立対策事業実施要領(案)及び食品の安全・消費者の信頼確保対策事業費補助金等交付要綱(案)を必ずお読みください。

以上、公示します。

平成31年2月18日

農林水産省消費・安全局長
池田   一樹

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader