このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成31年度薬剤抵抗性病害虫・難防除雑草等の防除対策の高度化事業の3次公募について

「平成31年度薬剤抵抗性病害虫・難防除雑草等の防除対策の高度化事業」について、事業実施主体からの課題の提案を公募しますので、本事業を希望される方は、下記に従い御応募ください。

1 事業の趣旨

近年、薬剤抵抗性を獲得した病害虫や難防除雑草のまん延、防除の省力化・精密化が期待されるドローンを用いた農薬散布への利用場面の拡大といった、新たな課題が生じている。
これらの諸課題に対し、薬剤抵抗性病害虫・難防除雑草の管理体制の構築を図るとともに、ドローンを活用した安全かつ省力的な防除技術の構築に向けて、的確に対応を行っていくことで、効果的な病害虫防除対策の実現を可能とするとともに、生産資材費低減を推進するものです。

2 事業の概要

(1) 薬剤抵抗性病害虫の全国的なモニタリング体制の構築

全国的にまん延している薬剤抵抗性を獲得した病害虫や難防除雑草に対し、簡便(低コスト)かつ迅速な薬剤感受性検定手法の確立、実証及び検定結果の評価法の確立への支援を実施します。また、農薬の作用機構を踏まえた薬剤抵抗性病害虫の発生調査を支援します。

(2) 新たな課題に対する効果的防除法の確立

ニーズの高まっているドローン等の無人航空機を活用した農薬散布の推進のため、使用者のニーズを踏まえ空中散布への適用拡大、防除方法の確立・実証を実施するとともに、農薬の適用拡大が必要な地域特産作物のうち、作物由来の成分等による技術的な課題が生じている作物、薬用作物、及び短期暴露評価対象作物について、農薬の適用拡大に必要な以下の試験を支援します。さらに難防除雑草に関する発生調査や防除の方法の実証を行います。
なお、本事業で対象とする農薬適用拡大の試験は、

  1. 農薬製造業者等に農薬登録の申請の協力が得られるもの、
  2. 農薬製造業者等による自主的な試験実施が見込まれないもの、
  3. 有効な登録農薬が限られているもの、
  4. 事業終了後に農薬登録拡大に必要な例数に充足するもの

とします。

3 応募資格及び応募方法

「平成31年度薬剤抵抗性病害虫・難防除雑草等の防除対策の高度化事業」に係る公募要領(以下「公募要領」という。)を御参照ください。

4 公募の期間

公募の期間は2019年9月25日(水曜日)~ 2019年10月10日(木曜日)までとします。

5 事業実施候補者の選定方法

公募要領に基づき、提出された企画書等について審査を行い、事業実施候補者を選定します。

6 公募要領を交付する場所及び日時

(1) 日時

2019年9月25日(水曜日)~ 2019年10月10日(木曜日)10時00分~17時00分

(2) 場所

農林水産省消費・安全局植物防疫課防疫対策室国内防除第2班(南別館4階ドアNo.401)

公募要領(PDF : 175KB)別表(PDF : 136KB)及び様式(PDF版 : 194KBWORD版 : 22KB

【参考】
食品の安全・消費者の信頼確保対策事業費補助金等交付要綱(PDF : 436KB)
食料安全保障確立対策事業実施要領(PDF : 411KB)
人件費の算定等の適正化について(PDF : 126KB)

7 企画書等の提出期限及び提出場所

(1) 提出期限

2019年10月10日(木曜日)17時00分(郵便の場合は必着)

(2) 提出先

東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省消費・安全局植物防疫課防疫対策室国内防除第2班(南別館4階ドアNo.401)

8 公募説明会の開催

(1) 日時

2019年10月2日(水曜日)16時00分~17時00分

(2) 場所

農林水産省消費・安全局第2会議室(本館1階ドアNo.143)

9 企画書等の無効

本公示に示した応募資格を満たさない者の企画書等は無効とします。

10 その他

本公示に定めのない事項については、公募要領によるものとします。


以上公示します。

2019年9月25日

農林水産省消費・安全局長
新井 ゆたか

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader