このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
子どもの食育
  • 実践食育ナビ
  • みんなの食育
  • 子どもの食育
  • 食事バランスガイドって?
  • 学ぼう!日本と世界の食べ物
  • 見てみよう!日本各地の郷土料理
  • 使ってみよう!食事バランスガイド
  • 確かめよう!自分の一日
  • 注目しよう!食べ物のこと
  • チャレンジしよう!ワークシート

見てみよう!日本各地の郷土料理

打ち豆汁
©(社)全国学校栄養士協議会

福井県 打ち豆汁

材料(小学校3~4年生1人分):塩打ち豆……6グラム 油あげ(たんざく切り)……5グラム ダイコン(0.5cmいちょう切り)……30グラム サトイモ(1cmいちょう切り)……25グラム ニンジン(0.5cmいちょう切り)……10グラム ゴボウ(ささがき)……3グラム ネギ(小口切り)……5グラム みそ……10グラム コンブ……2グラム 水……200グラム
©(社)全国学校栄養士協議会
大豆を打ち豆にすると料理に使いやすくなる

福井県には曹洞宗(そうとうしゅう)の大本山である永平寺(えいへいじ)があり、宗教とのかかわりがくらしの中に強くあります。大きな仏教の行事である報恩講(ほうおんこう)の時期は大豆の収穫期と重なることもあり、大豆をつぶして作る「打ち豆汁」は、人がおおぜい集まる報恩講の席で、精進(しょうじん)料理として、親しまれてきました。

食材豆知識

打ち豆とは大豆を水につけてもどしたものを、石うすの上にのせて木づちでつぶしたものです。大豆はたんぱく質を多くふくむことから、肉や魚が今より手に入らなかった昔、日本ではよく食べられてきました。打ち豆は火が早くとおるので料理に使いやすく、また食べやすくもなります。みそ汁のほか、煮物やサラダなどいろいろな料理に使います。

エネルギー91kcal 副菜:1SV/5~6SV 主菜:0.5SV/3~5SV