このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
子どもの食育
  • 実践食育ナビ
  • みんなの食育
  • 子どもの食育
  • 食事バランスガイドって?
  • 学ぼう!日本と世界の食べ物
  • 見てみよう!日本各地の郷土料理
  • 使ってみよう!食事バランスガイド
  • 確かめよう!自分の一日
  • 注目しよう!食べ物のこと
  • チャレンジしよう!ワークシート

見てみよう!日本各地の郷土料理

サクラエビとシラスのかきあげ
©(社)全国学校栄養士協議会

静岡県 サクラエビとシラスのかきあげ

材料(小学校3~4年生1人分):塩サクラエビ(ゆで)……7グラム シラス(ゆで)……7グラム タマネギ(うす切り)……15グラム ゴボウ(せん切り)……20グラム 小麦粉……1グラム 卵……2グラム サラダ油……適量 〈ころも〉 水……20グラム 小麦粉……17グラム
©(社)全国学校栄養士協議会
駿河湾(するがわん)の恵みをいただき、骨をじょうぶにする

日本国内のサクラエビの100%が、駿河湾(するがわん)でとれます。サクラエビ漁のはじまりは、明治時代に由比(ゆい現在の静岡市)の漁師がアジのあみ引き漁をしていたときに、あみが深くもぐってしまい、そのとき偶然(ぐうぜん)にサクラエビがたくさんとれたからだとされています。漁の季節は春と秋の2回です。シラスはカタクチイワシなどの幼魚で、やはり駿河湾でとれる静岡の特産物です。6~7月に多くとれます。

食材豆知識

サクラエビやシラスには、成長に必要なたんぱく質や、骨を強くするカルシウムがたくさんふくまれています。ゴボウやタマネギも入れたかきあげは、野菜の栄養もいっしょにとることができます。サクラエビもシラスも、干したり塩ゆでにしたものが多く売られていますが、漁港の近くでは、とれたての生のものを食べることもできます。

エネルギー154kcal 副菜:0.5SV/5~6SV 主菜:0.5SV/3~5SV