このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
子どもの食育
  • 実践食育ナビ
  • みんなの食育
  • 子どもの食育
  • 食事バランスガイドって?
  • 学ぼう!日本と世界の食べ物
  • 見てみよう!日本各地の郷土料理
  • 使ってみよう!食事バランスガイド
  • 確かめよう!自分の一日
  • 注目しよう!食べ物のこと
  • チャレンジしよう!ワークシート

見てみよう!日本各地の郷土料理

ばち汁
©(社)全国学校栄養士協議会

兵庫県 ばち汁

材料(小学校3~4年生1人分):塩タマネギ(せん切り)……15グラム ニンジン(せん切り)……10グラム 干しシイタケ(せん切り)……0.5グラム 油あげ(せん切り)……3グラム ばち……10グラム うすくちしょうゆ……4グラム こいくちしょうゆ……1グラム 葉ネギ(小口切り)……5グラム かつお節……3グラム 水……150グラム
©(社)全国学校栄養士協議会
そうめんの切り落としもおいしく食べる

播州(ばんしゅう)地方のそうめんは「揖保(いぼ)の糸」の名前で知られています。室町時代(むろまちじだい)からそうめん作りがはじまったという記録があり、江戸時代(えどじだい)には本格的に作られるようになりました。そうめんを作るときは、2本のくだに8の字に生地をかけ、少しずつ細くのばしていきます。このとき、両端のUの字になった部分を切り落とします。これが「ばち」です。三味線(しゃみせん)をひくのに使う「ばち」に似た形なので、この名前がついたといわれています。

食材豆知識

「ばち」の部分はそうめんよりコシが強く、ねばりがあります。「ばち」はゆでずに使い、塩分があるのでしょうゆは少なめに入れます。

「ばち汁」には野菜のビタミン、大豆から作った油あげのたんぱく質も加わるので、栄養のバランスもとれます。短い時間でできて、からだが温まる料理です。

エネルギー71kcal 副菜:0.5SV/5~6SV