このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
子どもの食育
  • 実践食育ナビ
  • みんなの食育
  • 子どもの食育
  • 食事バランスガイドって?
  • 学ぼう!日本と世界の食べ物
  • 見てみよう!日本各地の郷土料理
  • 使ってみよう!食事バランスガイド
  • 確かめよう!自分の一日
  • 注目しよう!食べ物のこと
  • チャレンジしよう!ワークシート

学ぼう!日本と世界の食べ物

主食編 食べ物の力

お米と「ごはん」

日本語では、お米を炊いたものを「ごはん」といいます。そして食事のことも「ごはん」といいます。日本では昔からお米を大切に食べてきたから、食事のことも「ごはん」と呼ぶのですね。

「米」という漢字にかくされたひみつ

「米」という字は「八十八」という文字からつくられたといわれています。お米ができるまでには88回もの手間がかかる、という意味です。昔に比べて今は便利な機械もあるので、米作りも早く楽にできるようになりました。それでも、イネを育ててお米を収穫するまでには、たくさんの手間がかかります。大切に手をかけて育てられたお米だから、大事に食べたいですね。

八十八→八木→米
玄米を食べて、元気なからだを作ろう

精米する前の玄米には、食物繊維(しょくもつせんい)やビタミンなどの栄養素が白米より多くふくまれています。玄米ごはんを食べるときは、いつも食べているごはんよりも少しかたいのでよくかんで味わって食べましょう。

お米からできる食べ物を調べてみよう

せんべいやだんごなど、お米から作られる食べ物はいろいろあります。調味料であるお酢も、お米からできるんですよ。ほかにはどんな食べ物が作られているのか、探してみましょう。

お父さんのお酒にも「米」って書いてあったな。
お米からできる食べ物の例:だんご お酢 せんべい