ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 食育の推進 > みんなの食育 > 食生活指針


ここから本文です。

みんなの食育
  • 実践食育ナビ
  • みんなの食育
  • 子どもの食育
  • 食事バランスガイドとは
  • 食生活指針
  • 「食とからだ」チェックシート
  • 世代・ライフスタイル別トピックス
  • 超人シェフ倶楽部発レシピ

食生活指針

食生活指針を実践すると、毎日の食事がもっと楽しい!

望ましい食生活を実現するために

食べることは、人間のからだを作る大切な行為であり、健康の保持増進のためにも欠かすことができないものです。毎日の食生活を見直しながら、自分の体調をチェックすることで、健康的な心とからだを育む第一歩を踏み出すことができます。正しい食生活を実現するためにも、まずは10項目ある食生活指針をじっくり読み解いていきましょう。

食生活指針とは?

毎日の食生活そのものを見直すきっかけとなるために作られたのが、食生活指針です。食生活そのものを振り返ることで、私たち一人ひとりの健康状態を改めて考えるだけではなく、家族・社会・文化、さらには、世界全体の問題にも意識を向けることができます。10項目の指針には、具体的な取り組み内容も書かれているので、毎日の生活の中で実践しやすいものばかり。家族や仲間と話し合いながら、毎日の食生活をより豊かで健康的なものへと変えていきませんか。

日本型食生活とは?

「日本型食生活」とは、日本の気候風土に適した米(ごはん)を中心に、魚や肉、野菜、海藻、豆類などの多様なおかずを組み合わせて食べる食生活のことをいいます。
栄養バランスに優れているだけでなく、日本各地で生産される農林水産物を多彩に盛り込んでいるのが特徴です。
このため、「日本型食生活」を実践していくことは、各地で古くから育まれてきた貴重な食文化の継承につながることが期待されます。 また、多彩な食品を食べる日本型食生活は、世界に誇る健康・長寿の秘訣とも言われています。近年、生活習慣病が増加しているため、こうした偏りのない食事の良さが、今、改めて見直されています。

食生活指針10項目

  • 1.食事を楽しみましょう
  • 2.一日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを
  • 3.主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを
  • 4.ごはんなどの穀類をしっかりと
  • 5.野菜・果物、牛乳・乳製品、豆類、魚なども組み合わせて
  • 6.食塩や脂肪は控えめに
  • 7.適正体重を知り、日々の活動に見合った食事量を
  • 8.食文化や地域の産物を活かし、時には新しい料理も
  • 9.調理や保存を上手にして無駄や廃棄を少なく
  • 10.自分の食生活を見直してみましょう
  • 食生活指針
  • 1.食事を楽しみましょう
  • 2.一日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを
  • 3.主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを
  • 4.ごはんなどの穀類をしっかりと
  • 5.野菜・果物、牛乳・乳製品、豆類、魚なども組み合わせて
  • 6.食塩や脂肪は控えめに
  • 7.適正体重を知り、日々の活動に見合った食事量を
  • 8.食文化や地域の産物を活かし、時には新しい料理も
  • 9.調理や保存を上手にして無駄や廃棄を少なく
  • 10.自分の食生活を見直してみましょう
毎日の食事をもっと楽しくするために 食生活指針

ページトップへ


アクセス・地図