ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 食育の推進 > みんなの食育 > 世代・ライフスタイル別トピックス > 中高年男性編 > ゆっくり食べる


ここから本文です。

みんなの食育
  • 実践食育ナビ
  • みんなの食育
  • 子どもの食育
  • 食事バランスガイドとは
  • 食生活指針
  • 「食とからだ」チェックシート
  • 世代・ライフスタイル別トピックス
  • 超人シェフ倶楽部発レシピ

世代・ライフスタイル別トピックス

ゆっくり食べる
よく噛んで、食べ過ぎを防ごう

「早食い」は肥満につながる

グラフ:体型別 食べる速さの状況(20歳以上 男性)

1回の食事の咀嚼回数と食事時間を調べた報告によると、戦前の食事は1420回噛み、約22分だったのに対し、現代の食事は620回で約11分と、噛む回数、食事時間とも半分に減っています。

平成21年国民健康・栄養調査結果では、食べる速さを体型別にみると、肥満(BMI25以上)の男性は、速いと回答した人が63.9%で、肥満ではない人に比べて多いことがわかりました。他にも、早食いの習慣がある人ほど肥満度が高いという研究報告があります。早食いでは、脳が満腹を感じるまでに食べ過ぎてしまうことが考えられます。

よく噛んで食べると、食事が少量でも満腹のサインが脳に伝わりやすく食欲が抑えられることや、脳内物質の働きとして内臓脂肪の分解を促進することも知られており、二重のダイエット効果が期待できます。他にも、脳の活性化や、だ液の分泌が増え消化を助けるなどの効果もあります。

食事は、よく噛んで、ゆっくり味わって食べましょう。

よく噛んで食べるために

軟らかいもの、食べやすいものばかりでは、噛む回数も食事時間も増えません。咀嚼回数が多かった戦前の食事は麦などの雑穀や、根菜類、高野豆腐などの乾物がよく食べられていました。よく噛んで食べるには、噛みごたえのある食材や料理を多くすることも大切です。また、デスクでパソコンを操作しながら、テレビや新聞を見ながらでは、食事や噛むことに集中できません。家族や友人と一緒にゆっくりと食事を楽しみましょう。

噛む回数を意識して食材や料理を選びましょう ・パンや麺よりご飯、ご飯は白米より玄米飯・ハンバーグよりしょうが焼き・刺身はマグロよりタコ・里芋の煮物より根菜の煮物 など

ページトップへ


アクセス・地図