このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー
みんなの食育
  • 実践食育ナビ
  • みんなの食育
  • 子どもの食育
  • 食事バランスガイドとは
  • 「食とからだ」チェックシート
  • 世代・ライフスタイル別トピックス
  • 超人シェフ倶楽部発レシピ

世代・ライフスタイル別トピックス

塩分や脂肪を控えめに
見えない塩分と脂肪に注意

野菜食品に含まれる塩分と脂肪

日本人のとっている塩分のうち、約3割は魚介・肉加工品、インスタント食品や菓子類などに含まれている“目に見えない塩分”です。油脂についても、約7割は肉類や菓子類などに含まれている“目に見えない油脂”です。調味料として使う塩分や油を控えることはもちろんですが、これらの目に見えない塩分や油脂をとりすぎないように、食材も上手に選びましょう。

脂質の摂取状況(1人1日当たり)
塩分の摂取状況(1人1日当たり)

スマートな主菜の選び方

現代社会では主菜は食べ過ぎになりがちです。主菜の品数が多くなると、カロリーや脂質、塩分のとり過ぎにつながります。主菜は1食1品程度にしましょう。また、調理法や肉の部位にも注意が必要です。揚げ物や炒め物など油を多く使う料理は1日1品以下に控え、お肉は脂肪の少ない部位を選ぶようにしましょう。

また、生活習慣病の予防のためには、動物・植物・魚からの脂肪をバランスよくとることも大切です。肉料理が続いたら、翌日は魚や大豆料理を中心にするなど、偏りのないように食べましょう。

同じ魚料理でも、調理法によってカロリーは異なる (鮭の場合) 塩焼き 119kcal、ムニエル 192kcal、フライ 286kcal
同じ肉料理でも、部位によってカロリーは異なる 肩ロース100gの場合:345kcal、もも100gの場合:275kcal