このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

更新日:平成29年7月26日

食育推進全国大会での「いただきます みそをつくるこどもたち」上映会のレポートを掲載しました

食育推進全国大会で「いただきます みそをつくるこどもたち」上映会を開催しました

平成29年7月1日(日曜日)岡山市で開催された食育推進全国大会において、「いただきます みそをつくるこどもたち」の上映会を開催しました。
当日は、約100名の参加があり、アンケートには、10代から70代まで男女問わず、たくさんの感想が寄せられましたので、その声の一部をご紹介します。

【上映会の感想(自由回答欄より)】
部活で剣道をしているので、食事を調えて、みそ汁を作る!(10代、女性)
言葉で伝えるのも大切だが、実践として食べさせて伝えることも本当に大切だなと思った。まずは、自分の食事で実践してみたい。(20代、女性)
子供のうちから食を養う力、大変重要なことに気づきました。年長さんが作るみそづくり、本当に生き生きして、こんな小さい子供でも出来るんだなと改めて関心しました。食の大切さを見直すきっかけになりました。(20代、女性)

挨拶する太田監督
挨拶する太田監督

西先生の和食を大切にされる姿勢、子供たちを大切にされる想い、人生をかける姿に感動です。地域で上映会をしたいと考えています。(30代、男性)
自分が食べるものは自分で作る。漬物やみそづくり、とても素晴らしいと思いました。身体作りの基本は食事であること実感しました。(40代、女性)
子供達のいきいきした表情や活動、よく動くこと、食べるものを自分達で作ることの意味に気づかされた思いです。ありがとうございました。(40代、女性)

上映会の様子
上映会の様子

すごく良かった。新たな幸せのかたちを知ることができた。(40代、男性)
ほのぼのとしたいい映画でした。日頃、おろそかにしていた食の大切さを再認識しました。(50代、女性)
改めて和食のことを考えた。教育をしているので、ぜひ生徒の実態に合わせてわかりやすく広めていきたい。(50代、女性)
毎朝食はパンであったが、改めて玄米、味噌汁、納豆を積極的に摂取することを進めていきたい。(50代、男性)
心洗われる思いがしました。「食生活の大切さ」はわかっていても、なかなか実践できない日々。和食を改めて意識して生活したいです。子供達の自然な姿、しつけの時期も考えさせられました。(60代、女性)
いのちの大切さ、食の大切さ、学力向上もまずは体づくりから。食の大切さを痛感。(60代、男性)
子供がたくましく礼儀正しい。味噌作りをする姿が良かった。(70歳以上、女性)
〇赤ちゃんがみそ汁を早くほしい、もっとほしいと手を出して飲み、ニコっと笑ったのが印象的でした。(70歳以上、女性)


【アンケートに答えていただいた方(回収率77%)】
〇性別:女性61名(85%)、男性11名(15%) 

アンケート1



〇年齢:20歳未満2名(3%)、20代11名(15%)、30代14名(19%)、
40代17名(24%)、50代17名(24%)、60代9名(13%)、
70歳以上2名(3%)


アンケート2




〇上映会の感想:非常に良かった60名(83%)、良かった9名(13%)、無回答3名(4%)

アンケート3

 

 

お問合せ先

食料産業局食文化・市場開拓課

担当者:松井、藤澤、岡田
代表:03-3502-8111(内線4601)
ダイヤルイン:03-3502-5723
FAX番号:03-6744-2013

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader