このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

更新日:平成30年7月26日

第13回食育推進全国大会での「カレーライスを一から作る」上映会のレポートを掲載しました

食育推進全国大会で「カレーライスを一から作る」上映会を開催しました

平成30年6月24日(日曜日)大分市で開催された食育推進全国大会において、「カレーライスを一から作る」の上映会を開催しました。
当日は、約115名の参加があり、アンケートには、10代から70代まで男女問わず、たくさんの感想が寄せられましたので、その声の一部をご紹介します。

【上映会の感想(自由回答欄より)】
自分達が普段食べているごはんを食べるにはこんなにもたくさんの時間や命が関わっているのだなと思いました。これからは食べ物にもう少し感謝して食べていきたいと思います。(10代、男性)
食材への感謝を忘れずにこれから生きていきたい。「いただきます」「ごちそうさま」を言って食べるように心がけたい。(10代、男性)
いつも当たり前のように、食べていた肉や野菜などの食材を作る大変さや育てた鶏や豚などの家畜の命をいただく事のありがたみに気づけました。これからの食事を残さずに食べるように心がけようと思った。(20代、女性)

前田監督
挨拶する前田監督

いつも当たり前のように、食べていた肉や野菜などの食材を作る大変さや育てた鶏や豚などの家畜の命をいただく事のありがたみに気づけました。これからの食事を残さずに食べるように心がけようと思った。(20代、女性)
命の大切さを痛感しました(20代、女性)
いのちひとつひとつの重なりがあって、日々の食事をとるということができる。そのことに気付いたのは30代中ほどでした。自らの手で命を絶つことでその重みを知ることができるという授業はとてもすばらしいものでした。このような取り組みをしている人がいることにも嬉しい気持ちになりました。ありがとうございました。(40代、男性)
命の大切さを痛感しました(20代、女性)

上映会の様子
上映会の様子


いのちひとつひとつの重なりがあって、日々の食事をとるということができる。そのことに気付いたのは30代中ほどでした。自らの手で命を絶つことでその重みを知ることができるという授業はとてもすばらしいものでした。このような取り組みをしている人がいることにも嬉しい気持ちになりました。ありがとうございました。(40代、男性)
身の回りのものすべてに原材料があり、我々はそれを意識していることを改めて感じた。カレーライス一杯を食べるだけでもこれだけの材料が必要で、これだけの時間と命が必要だということを改めて思い知らされた。(50代、男性)
日本人の身近な国民食といわれる「カレーライス」を一から作ろうなんて発想がすごいです。食べたものがその人になるといいます。「身土不二」と近くでできたものを食べるとか言われ、意識して生きてきたけど、一から育て、作ることってこんなに大変なんですね。映画みれて良かったです。
(50代、女性)
食べ物を食べることは生きることだと思った。自分の暮らしの中で必要なものはどうやってできているのかを意識したいと思う。遠すぎて見えないものを見せてくれるチャンスを日頃の生活の中で作ってくれてありがとうございます。(50代、女性)
普段どれだけきれいなものを食べているか、最初の牛、豚、鶏を殺すという食べるための大事な仕事をしている人の存在を忘れていました。自分の口に届くまでの事を考えながら食べていこうと思います。(50代、女性)
「カレーライスを一から作る」大変有意義な授業だと思いました。子供達にもっとこのような授業を受けさせてあげたいと思います。また、9ヶ月間の中で問題にぶつかりながらも考え、最後にはたくましく育っているのを感じ強いな!と感動しました。(60代、女性)
命をいただいているそのものを実感できました。ありがとうございます。
(60代、女性)
「丁寧に暮らす」食にとって丁寧に食材を育てる、扱うことがこのことなのかなぁとつくづく感じました。慌ただしく生活している中、大事にしたいことだと思いました。農業の経験は0に等しいですが、最近少しづつ野菜を植えて、なかなか思うように動けなくて放ったらかしです。根気に頑張りたいと思います。(60代、女性)
人が生きていくうえで全ての命をいただいている感謝・・・(70代、女性)
いつも当たり前のように、食べていた肉や野菜などの食材を作る大変さや育てた鶏や豚などの家畜の命をいただく事のありがたみに気づけました。これからの食事を残さずに食べるように心がけようと思った。(20代、女性)


▶ 
アンケート結果はこちら(PDF : 290KB)

お問合せ先

食料産業局食文化・市場開拓課

担当者:平野、渡辺、岡田
代表:03-3502-8111(内線4601)
ダイヤルイン:03-3502-5724
FAX番号:03-3502-0594

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader