ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 中国産冷凍ギョウザが原因と疑われる健康被害事例等に関する情報 > メタミドホスとは


ここから本文です。

最終更新日:2008年09月17日

メタミドホスとは

農薬登録

我が国では農薬登録されていない。

特徴

安全性

食品安全委員会の評価

急性毒性(一日の摂取で健康に悪影響)

  • ARfD(急性参照量;一日ここまで経口摂取しても健康に悪影響が出ない量)
    0.003mg/kg体重/日
  • 設定根拠
    ラットに一回経口投与して神経毒性を観察した試験で神経毒性が見られなかった最大濃度0.3mg/kg体重/日を安全係数100で除した
  • 症状
    ある程度以上経口摂取すると、胃けいれんやけいれん、下痢、吐き気、嘔吐などがみられる

 

慢性毒性(食べ続けると健康に悪影響)

  • ADI(許容一日摂取量;毎日一生食べ続けても健康に悪影響がでない量)
    0.0006mg/kg体重/日
  • 設定根拠
    1年間イヌに給餌して、健康への影響や発ガンを観察した試験で、悪影響が見られなかった最大濃度0.06mg/kg体重/日を安全係数100で除した

 

国際機関の評価(FAO/WHO合同残留農薬専門家会議による)

急性毒性(一日の摂取で健康に悪影響)

  • ARfD(急性参照量;一日ここまで経口摂取しても健康に悪影響が出ない量)
    0.01mg/kg体重/日
  • 設定根拠
    ラットに一回経口投与して神経毒性を観察した試験で神経毒性が見られなかった最大濃度0.3mg/kg体重/日を安全係数25で除し、切り下げた

 

慢性毒性(食べ続けると健康に悪影響)

  • ADI(許容一日摂取量;毎日一生食べ続けても健康に悪影響がでない量)
    0.004mg/kg体重/日
  • 設定根拠
    2年間ラットに給餌して、健康への影響や発ガンを観察した試験で、悪影響が見られなかった最大濃度0.1mg/kg体重/日を安全係数25で除した

今回の事件との関連

残っていた当該商品の包材、被害者の吐瀉物からメタミドホスを検出(濃度は不明)

 

お問い合わせ先

消費・安全局消費・安全政策課 
代表:03-3502-8111(内線4451)
ダイヤルイン:03-3502-5722

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図