ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 家畜の病気を防ぐために(家畜衛生及び家畜の感染症について) > 米国・カナダ・フランス・オランダ産牛肉等への対応


ここから本文です。

米国・カナダ・フランス・オランダ産牛肉等への対応

厚生労働省および農林水産省は、我が国への BSE 侵入防止に万全を期すため、平成12年12月にEU産牛肉等、平成15年5月にカナダ産牛肉等、平成15年12月に米国産牛肉等の輸入停止措置を講じました。

平成17年12月8日の食品安全委員会からの答申を踏まえ、米国・カナダ政府との間において、平成17年12月12日、米国・カナダ産の牛肉等の輸入条件について合意しました。

平成25年2月、厚生労働省は食品安全委員会による評価(平成24年10月)に基づき、米国・カナダ・フランス・オランダ産牛肉等への対応を含むBSE対策の見直しを行いました。

1.米国・カナダ産牛肉等への対応等 (平成15年5月~平成25年1月)

 

2.厚生労働省によるBSE対策の見直し (厚生労働省ウェブサイト) (平成25年2月~)

 

「牛海綿状脳症(BSE)関係」

 

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図