このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

家畜伝染病予防法施行令の改正について

  • 印刷
平成23年6月27日更新

担当:消費・安全局動物衛生課

今般、家畜伝染病予防法施行令の一部を改正する政令が、本年6月17日付けで公布されましたので、お知らせいたします。本改正は、改正家畜伝染病予防法の施行に伴い、以下のとおり、所要の規定の整備を行うものです。

改正の概要

家畜伝染病予防法施行令の一部を改正する政令の概要は以下のとおりです。

なお、各項目の詳細については、別添ファイルをご覧ください。

  1. 政令で定めるその他の家畜に関する規定の整備(改正後の第1条関係)
  2. 消毒設備の設置の義務に係る家畜の指定(改正後の第2条関係)(新設)
  3. 家畜伝染病の発生を予防するための通行の制限又は遮断の手続(改正後の第3条関係)(新設)
  4. 飼養衛生管理基準を定めるべき家畜の追加(改正後の第4条関係)
  5. 患畜等の死体の焼却又は埋却の義務の除外に関する規定の整備(改正後の第6条関係)
  6. 家畜伝染病病原体の所持の許可の欠格要件における法人の使用人の範囲(改正後の第7条関係)(新設)
  7. 国による費用負担の対象となる売上げの減少額等の範囲の拡大(改正後の第9条関係)
  8. 予防的殺処分による損失の補償の対象となる損失の範囲等(改正後の第10条及び第11条関係)(新設)

(別添)家畜伝染病予防法施行令の一部を改正する政令について(PDF:134KB)

(参考)家畜伝染病予防法施行令の一部を改正する政令新旧対照条文(PDF:56KB)

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課 
代表:03-3502-8111(内線4581)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader