このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

受付番号11001の輸入に関する要請について

  • 印刷

要請の概要

平成22年1月11日、韓国より加熱処理豚肉等の輸入に関する要請があり、正式に受け付けました。
(受付番号11001)(PDF:100KB)

 リスク評価の終了について

評価概要

韓国家畜衛生当局から、日本向け加熱処理豚肉等の輸入に関する要請があったことに対し、同国からの加熱処理豚肉等の輸入に係る家畜衛生条件案について二国間で協議を行ったところ、今般合意に至った。日本は、韓国については従来より豚コレラに関する加熱処理豚肉等の家畜衛生条件を定めていたが、同国において新たに口蹄疫が発生したことにより、条件に適合した輸出が不可能となっていたところ。今回新たに設定した家畜衛生条件(加熱処理温度の変更等)に基づくリスク管理措置を実施することにより、我が国への同病の侵入リスクは最小限とすることが可能と考えられた。 

家畜衛生条件の設定について

リスク評価結果を踏まえ、以下のとおり、韓国と加熱処理豚肉等の輸入について家畜衛生条件を設定しました。

韓国から日本向けに輸出される加熱処理豚肉等の家畜衛生条件(平成22年2月5日版)(PDF:302KB)

 

※なお、動物または畜産物の輸入に関する手続きにつきましては、最寄りの動物検疫所にお問い合わせ下さい。

農林水産省動物検疫所

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室
代表:03-3502-8111(内線4584)
ダイヤルイン:03-3502-8295
FAX:03-3502-3385

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader