ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 家畜の病気を防ぐために(家畜衛生及び家畜の感染症について) > 口蹄疫に関する情報 > 宮崎県の口蹄疫に対する防疫措置について


ここから本文です。

更新日:22年7月27日

担当:消費・安全局動物衛生課、消費者情報官

宮崎県の口蹄疫に対する防疫措置について

平成22年7月27日現在

口蹄疫は、牛、豚等の偶蹄類動物に感染する病気であり、それらの動物に由来する食品を摂取しても人に感染することはありません。
しかしながら、偶蹄類間の伝播力が極めて強く、畜産業における経済的なインパクトも大きいので、農林水産省は宮崎県に協力して、感染の拡大を防ぐ努力をしております。また、偶蹄類への感染の拡大を防ぐため、感染した牛や豚の肉や牛乳を市場に出さないように確実に措置しています。

発生農場における防疫措置 

ワクチン接種状況

緊急消毒措置の実施

発生農場周辺における措置

その他の措置

口蹄疫の型について

 


 

『口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針』より

 移動制限

 搬出制限

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課 
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図