ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 家畜の病気を防ぐために(家畜衛生及び家畜の感染症について) > 口蹄疫に関する情報 > 台湾における口蹄疫(O型)の発生について


ここから本文です。

更新日:平成23年12月13日

担当:消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室

台湾における口蹄疫(O型)の発生について

 

<概要>

     
   発生日  

2011年12月7日

 
  動物種    
  発生件数  

1

 
  飼育頭数   1013  
  発生頭数   1  
  死亡数   0  
  淘汰数   1  
  と畜数   1012  

 

  • 血清型はO型
  • 発生場所:台湾 桃園県
  • 桃園県のと畜場にて豚一頭に水疱が確認され検査し口蹄疫(O型)であることが確定。本豚の由来農場を特定し、現在本農場から採材した検査材料による血清学的検査とウイルス分離は現在検査中。
  • 診断:抗原検出ELISA、RT-PCR、ウイルス分離 陽性
  • 対応:隔離、国内における移動制限、スクリーニング、施設消毒、

ワクチン接種しない、患畜の治療しない 


 さらに詳しく知りたい方はこちら(英語)

[OIEへの外部リンク]

Map of outbreak locations

Location of current outbreaks

111213台湾口蹄疫発生

 

 

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室
担当者:国際衛生企画班
代表:03-3502-8111(内線4584)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図