このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

民間種雄牛の取扱いについて

  • 印刷
平成22年7月15日更新

担当:消費・安全局動物衛生課、消費者情報官

7月8日、宮崎県知事が民間種雄牛について、殺処分せず同県において管理すると農林水産大臣に提案しました。
農林水産大臣は、以下のような理由から、提案は認められないと回答しています。

  1. 種牛のいるこの地域には、まだウイルスが生存している可能性があり、生きている牛がいると再び感染がおこる恐れがあること。
  2. この地域の全ての牛・豚等にワクチンを接種した後、殺処分することは、口蹄疫のまん延を防ぐためにやむを得ない措置として地域の畜産農家の方々にご協力いただいたものです。確実に殺処分することにより、できるだけ早く口蹄疫の清浄化を達成することが、行政としての責務であること。


大臣から宮崎県知事への回答は、「民間種雄牛の取扱いについて」 をご覧ください。


詳しくは、「なぜ民間の種牛(種雄牛)6頭を殺処分するのでしょうか?」をご覧ください。

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課 
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader