このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

更新日:平成29年2月15日

担当:消費・安全局動物衛生課

家畜保健衛生所について

家畜保健衛生所は、都道府県の機関として設置され、我が国の畜産振興のため、地域における家畜衛生の向上を担っており、家畜の伝染病予防に関する事務や、家畜疾病の診断、飼養衛生管理の指導などを行っています。

家畜保健衛生所の所在地New

家畜保健衛生所は、全都道府県に170カ所設置されています。(独立した病性鑑定施設を含む)

家畜保健衛生所数及び職員数New

家畜保健衛生所の業務

  • 監視伝染病の定期検査等

家畜伝染病予防法に基づき、高病原性鳥インフルエンザ、牛の結核病、ブルセラ病、ヨーネ病等について定期検査を実施しています。

  • 地域における家畜衛生への取組

管轄地域の農場において発生した不明疾病、生産性を低下させる慢性疾病対策の中心となって、地域の関係各機関と協力して、検査・衛生指導等に取り組んでいます。

  • 飼養衛生管理基準の遵守の指導

農林水産省では、家畜伝染病予防法に基づき、家畜の所有者が遵守すべき衛生管理方法に関する基準(飼養衛生管理基準)を定めており、家畜保健衛生所では農家に対し、その巡回等による指導を行っています。

  • 死亡牛のBSE検査

死亡牛のBSE検査のうち迅速診断法(エライザ法)を実施しています。死亡牛のBSE検査は48か月齢以上の死亡牛を対象として、BSEの浸潤状況を把握し、飼料規制等のBSE対策が有効に機能しているか検証するために実施されています。検査結果等についてはこちらをご覧下さい。

全国家畜保健衛生業績発表会New

家畜保健衛生所における業績について、各都道府県、各ブロックで発表会を行い、優秀な業績演題は全国家畜衛生業績発表会で発表されることになります。

  • 全都道府県家畜保健衛生業績発表会
  • 全国家畜保健衛生業績発表会

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課
担当者:保健衛生班
代表:03-3502-8111(内線4582)
ダイヤルイン:03-3502-8292
FAX:03-3502-3385