このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

フィリピンにおける高病原性鳥インフルエンザの発生について

  • 印刷
平成29年8月28日更新

担当:消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室

<概要>

   
 発生日    2017年8月6日~8月9日  
動物種   家きん  
発生件数   2  
飼育羽数   37000  
発生羽数   9200  
死亡数   9197  
淘汰数   27603  
と畜数   0  


        【血清型】

  • H5N6亜型


        【対応】

  • 国内における移動制限
  • 封じ込め区域/防御区域の外側及び内側のサーベイランス
  • 隔離
  • 畜産物、死体、副産物及び廃棄物の公的処分
  • 選択的とう汰及び処分
  • ゾーニング
  • 施設等の消毒
  • 生体検査及びと殺後検査
  • ワクチン接種許可(ワクチンがある場合)
  • 患畜を治療対象としない
    (今後の対応)
  • トレーサビリティ
  • 野生宿主のコントロール
  • 畜産物、副産物中の病原体不活化処理
  • と殺

           


 

 

さらに詳しく知りたい方はこちら(英語) 〔OIEへの外部リンク〕

 

 

Map of outbreak locations

Location of current outbreaks