ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 鳥インフルエンザに関する情報 > 三重県における鳥インフルエンザの発生について


ここから本文です。

更新日:平成23年3月28日

担当:消費・安全局動物衛生課

三重県における鳥インフルエンザの発生について

平成23年2月16日に三重県南牟婁郡紀宝町の養鶏場で、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1亜型(強毒タイプ))の疑似患畜が確認されました。また、平成23年2月26日には三重県度会郡南伊勢町の養鶏場で2例目の疑似患畜が確認されています。

これらの発生農場では、飼養鶏等の殺処分・焼却、汚染物品の焼却及び鶏舎の消毒作業等の防疫措置を行い、それぞれ平成23年2月21日、同年3月6日までにすべての防疫措置が完了しました。

また、設定されていた移動制限区域についても清浄性確認検査を終了し、それぞれ平成23年3月15日、同年3月28日をもって移動制限を解除しました。

 疫学調査の概要について

 プレスリリース

 関連リンク

 

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課 
代表:03-3502-8111(内線4581)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図