ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 鳥インフルエンザに関する情報 > 韓国における高病原性鳥インフルエンザ(強毒タイプ)の発生について


ここから本文です。

更新日:23年1月11日

担当:消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室

韓国における高病原性鳥インフルエンザ(強毒タイプ)の発生について

         
 

<概要>

     
   発生日    2011年1日5日/2010年12月30日  
  動物種   家きん/野鳥  
  発生件数   1/1  
  飼育(検体)羽数   14500/-  
  発生羽数   4500/1  
  死亡数   4500/1  
  淘汰数   10000/0  
  と畜数   0/0  
 

 

     
  • 血清型はH5N1亜型
  • 全羅南道霊岩(ヨンアム)郡の農場で発生。発生農場及び発生農場から500m以内に存在する家きん農場での殺処分を実施
  • 慶尚南道泗川(サチョン)市で発見された野生のオシドリの死骸を使用した検査の結果、感染が判明
  • 発生農場及び死骸の発見現場から10km以内は移動制限区域とされ、消毒と臨床観察が更に強化された
  • ワクチンの接種は禁止

 

 

 

さらに詳しく知りたい方はこちら(英語)

[OIEへの外部リンク]

 

 

Map of outbreak locations

Location of current outbreaks

韓国における高病原性鳥インフルエンザの発生状況

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室
代表:03-3502-8111(内線4584)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図