このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

考えていますか、災害時の食料のこと

~家庭備蓄で災害時も安心~

9月1日は「防災の日」です。大規模災害発生時には食料が手に入らなくなる可能性があり、日頃から最低でも3日分、
出来れば1週間分程度の家庭備蓄に取組むことが重要です。
期間中は、家庭備蓄に係るパネルや備蓄に使える食品の展示、パンフレットの配布等を行います。
また、農林水産省が実施する被災地への応急食料の供給や農林水産関係の被害の復旧への取組も紹介します。

期間

平成30年8月27日(月曜日)~8月31日(金曜日)  
10時00分~17時00分
ただし、月曜日は12時00分から、金曜日は13時00分まで



印刷用(PDF : 430KB)
展示の様子です。(PDF : 412KB)

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課消費者の部屋

代表:03-3502-8111(内線4607)
ダイヤルイン:03-3591-6529

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader