ホーム > 消費者の部屋 > 特別展示 > 過去の特別展示 > GAPで目指す一歩先ゆく農業経営


ここから本文です。

GAPで目指す一歩先ゆく農業経営

農業生産工程管理(GAP)は、農業生産活動の持続性を確保する上で必要な、食品安全・環境保全・労働安全に関する法令等を遵守し、これらの事項の実施、記録、点検、評価のPDCAサイクルを回す取り組みであり、結果として安全で品質の良い農産物をもたらします。「GAPとは?」から国内の取り組み状況、推進施策等について、パネルやパンフレット、DVDで紹介するとともに、GAPに取り組んでいる生産者の方々の農産物や加工品等を展示します。

期間

 平成28年3月14日(月曜日)~3月18日(金曜日)
10時00分~17時00分

ただし、初日は12時00分から、最終日は13時00分まで

GAPの週

 

 場所

農林水産省 消費者の部屋 特別展示会場

東京都千代田区霞が関1-2-1
東京メトロ 丸ノ内線、日比谷線、千代田線
「霞ヶ関」駅下車 (A5、B3a出口すぐ)

消費者の部屋案内地図

案内チラシ

 

展示の様子

  

 

お問い合わせ先

消費・安全局消費者行政・食育課消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図