このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

植物防疫所見学・説明会

  • 印刷
平成23年3月17日更新

横浜植物防疫所は、平成23年1月31日(月曜日)、羽田空港貨物合同庁舎(東京都大田区)において、一般の方を対象とした植物防疫所見学・説明会「『植物検疫』~日本の農業を病害虫から守る仕事~」を開催しました。

当日の概要やお配りした資料、参加者の皆様から寄せられたアンケートの結果を掲載しています。

(なお、今回の植物防疫所見学・説明会には、大変多くのご応募をいただきました。このため、急遽、2月1日(火曜日)にも同様の見学・説明会を開催しております。)

開催結果の概要

海外では、日本で発生のない有害な病害虫が発生しています。近年、物流のグローバル化が進む中、万が一、有害な病害虫が日本国内へ侵入・まん延した場合、農林業に大きな被害を与える恐れがあります。

農林水産省植物防疫所では、それら病害虫の侵入を水際で確実に防止し、我が国の「農業」と「緑」を守るため、全国の海港や空港で「植物検疫」を行っています。

一般の方が普段接する機会のあまりない「植物検疫」について知っていただくために、農林水産省では、平成16年から意見交換会を、平成19年からは、これに現地見学を取り入れて、皆様のご質問にお答えする説明会を開催しています。

平成22年度は、昨年10月にオープンしたばかりの羽田空港東京国際エアカーゴターミナル内の貨物合同庁舎で現場見学や情報提供、意見交換を実施しました。

日時

平成23年1月31日(月曜日)13時30分から16時00分まで

場所

羽田空港貨物合同庁舎(東京都大田区羽田空港2 -6 -3)

参加人数

平成23年1月31日実施分 31人(報道関係者を含む)

平成23年2月1日実施分 31人

  情報提供の様子   現場見学 [貨物検査室]  
  情報提供の様子_羽田植防   現場見学_貨物検査室_羽田植防  
  現場見学 [昆虫実験室]   質疑応答の様子  
   現場見学_実験室内_羽田植防    質疑応答の様子  

当日の進行

1.開会

(1) あいさつ

(2) 植物検疫に関する説明

  •  「植物検疫について」(資料No.1)

説明者: 農林水産省 消費・安全局 植物防疫課 生産安全専門官 小原 達二 (1月31日)

農林水産省 消費・安全局 植物防疫課 検疫対策室長 阪村 基 (2月1日)

  • 「羽田空港における植物検疫について」(資料No.2)

説明者: 農林水産省 横浜植物防疫所 羽田空港支所 支所長 井尻 美智子 (両日とも)

2. 現場見学

貨物検査室 (施設見学等)

昆虫実験室 (害虫の観察・識別、デモンストレーション)

種苗2次検査室 (病菌の観察・識別、デモンストレーション)

3. 質疑応答

4. 閉会

配付資料等

 スライドによる説明の際に使用した資料

その他の配付資料、参考資料

  • アンケート用紙 
  • 植物検疫に関するパンフレット

植物防疫所パンフレット  (植物防疫所のサイトへリンク)

リーフレット「植物検疫のお知らせ」 (PDF: 植物防疫所のサイトへリンク)

意見交換の概要等

 

お問い合わせ先

 

消費・安全局消費者行政課
担当者:リスクコミュニケーション推進班
代表:03-3502-8111(内線4600)
ダイヤルイン:03-3502-8504
FAX: 03-6744-1974

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader