このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

見て!聞いて!!植物検疫~海外の病害虫から日本の農業を守る仕事~(福岡県福岡市)

  • 印刷

開催結果の概要

毎日の食卓に並ぶ野菜や果物。日本国内や海外には、野菜や果物の品質や収穫量を下げてしまう病害虫が数多く存在しています。

植物防疫所では、空港や港湾で輸出入される野菜や果物を検査したり、海外旅行者の携帯品をチェックして、病害虫の日本国内への侵入や海外への持ち出しを水際で食い止める仕事をしています。これを「植物検疫」といいます。

この「植物検疫」について、消費者や生産者の皆さまに知っていただき、そして理解を深めていただくため、普段は目にすることができない植物防疫所の検査の様子を見学していただくとともに、植物検疫の専門家との質疑応答を行う機会を設けました。

参加者の皆さまは、熱心に植物検疫の様子等をご覧になられておりました。「植物検疫を知る良い機会となった」といった声が多く寄せられました。

<日時>    平成21年10月20日(火曜日)      9時00分~12時45分

<場所>    現場見学:  農林水産省門司植物防疫所福岡支所福岡空港出張所
             情報提供・質疑応答:  ホテルセントラーザ博多

 

パネル・標本展示室の様子

貨物検査室の様子

パネル・標本展室の様子

貨物検査室の様子

 

 

精密検定室の様子

質疑応答の様子

精密検定室の様子

質疑応答の様子

当日の流れ

1.開会

2.現場見学

(1) パネル・標本展示室(植物検疫全般についての紹介)
(2) 貨物検査室(輸入植物検査の様子)
(3) 精密検定室(病菌や害虫の同定・識別)

3.情報提供

(1) 「植物検疫制度について」
農林水産省消費・安全局植物防疫課 検疫対策室長  阪村  基

(2) 「植物検疫の現場から」
農林水産省門司植物防疫所福岡支所 福岡空港出張所長  坂本  利貞

4.質疑応答

5.閉会

配付資料一覧

資料

参考資料

  • アンケート用紙
  • 食品安全エクスプレス (メールマガジンのご紹介)

 

 これらのほか、植物検疫に関するパンフレットなどを配布しました。

 

議事録等

 

お問い合わせ先

 

消費・安全局消費者行政課
担当者:リスクコミュニケーション推進班
代表:03-3502-8111(内線4600)
ダイヤルイン:03-3502-8504
FAX: 03-6744-1974

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader