ホーム > 組織・政策 > 消費・安全 > 消費者との意見交換会 > 動物検疫・家畜衛生 > 動物検疫所見学・説明会「ご存じですか?動物検疫」


ここから本文です。

更新日:平成28年5月17日

担当:消費・安全局消費者行政・食育課

動物検疫所見学・説明会「ご存じですか?動物検疫」

農林水産省は、平成28年3月17日(木曜日)に中部国際空港内で、「動物検疫所 見学・説明会 『ご存じですか?動物検疫~動物の病気を持ち込まないために~』」を開催しました。

当日の概要や、参加者の皆さんにお配りした資料、参加者の皆さんから寄せられたアンケートの結果を掲載しています。

開催結果の概要

動物検疫所は、口蹄疫や鳥インフルエンザ等の動物の病気が海外から日本国内に持ち込まれないよう、全国の空港や港で家畜や畜産物等の輸入検査や旅客の靴底消毒等を行っています。
また、狂犬病が日本国内に持ちこまれないよう、犬猫等の輸入検査も行っています。

普段あまり目にすることのない「動物検疫」ついて知っていただくために、農林水産省では、平成20年より、毎年、現地見学や皆さまからの質問にお答えする見学説明会を開催しています。

平成27年度は、中部国際空港内にある動物検疫所中部空港支所の施設見学や情報提供、意見交換を実施しました。

 

日時

平成28年3月17日(木曜日) 13時00分~16時30分

場所

中部国際空港内 (愛知県常滑市)

 

当日の様子

会場の様子 

会場の様子

検査施設の説明(検疫場)

検査施設の説明 (検疫場)

検査施設の説明(中部検査・診断センター)

検査施設の説明 (中部検査・診断センター)

検査施設の様子(中部検査・診断センター)

検査施設の様子 (中部検査・診断センター)

検疫探知犬のハンター号

検疫探知犬のデモンストレーション

(検疫探知犬の「ハンター号」)

検疫探知犬のリトルマン号

検疫探知犬のデモンストレーション

(検疫探知犬の「リトルマン号」)

肉製品や果物を嗅ぎ分けて発見します。)

検疫探知犬のデモンストレーション

(肉製品や果物を嗅ぎ分けて発見します。)

ターゲットの肉製品を見つけるとお座りし、担当官に知らせます。

検疫探知犬のデモンストレーション

(ターゲットの肉製品を見つけるとお座りし、担当官に知らせます。)

 

当日の進行

1.開会
     司会進行
     農林水産省 消費・安全局消費者行政課 課長補佐  縄田 智子
     開会挨拶
     農林水産省 動物検疫所中部空港支所長  大塚 誠也

2.動物検疫所紹介
      「動物検疫所における水際対策と広報活動について」(資料1)
        農林水産省 動物検疫所中部空港支所  大塚 誠也

3.検査施設等の見学(※2班に分かれて見学)
(1) 検疫探知犬デモンストレーション
       農林水産省 動物検疫所中部空港支所  佐藤 光晴

(2)検査・診断センターの見学
       農林水産省 動物検疫所精密検査部  尾坂 優之

4.情報提供等
      「最近の家畜衛生をめぐる情勢について」(資料2)
       農林水産省 消費・安全局動物衛生課 国際衛生対策室 検疫企画班 輸入動物検疫係長  坂本 有希

5.質疑応答・意見交換

6.閉会

 配付資料等

質疑応答の概要とアンケートの結果

 

お問い合わせ先

消費・安全局消費者行政・食育課
担当者:リスクコミュニケーション推進班
代表:03-3502-8111(内線4600)
ダイヤルイン:03-3502-8504
FAX: 03-6744-1974

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図